いつつばぶろぐ

どうでもいいことを, いかにややこしく書くか

夏に買うと捗るモノまとめ

しょうもないキュレーションサイトみたいなタイトルですみません. 

今回は, 夏に買ったら捗るモノをいくつか紹介していきたいと思います.

三流Youtuberのような書き出しですみません.

 

せっかく夏にオススメのモノを紹介するなら夏になる前に書けばよかったようなものですが, 季節が移り変わるのが思ったより早かったのと自分の筆が思ったより重かったのとで更新が遅くなりました. 

春と秋の時間は年々短くなっているような気がします. 

 

 

f:id:sk_dv:20170727234443j:plain

※画像は「夏 フリー写真」で検索したものです.

 

 

f:id:sk_dv:20170727234514p:plain

 

恐ろしいまでのヒマワリ率......

 

 

暑くてこれ以上前置きを書く気力がなかったので本題に入ります. 

 

 

【1】麦茶の水出しティーバッグ

 

夏は当然暑いので水分摂取量が増えますが, そのたびにコンビニでペットボトルを買っていては財政的に負担が大きいので, 家で麦茶を作ることを推していきたいです. 

麦茶のティーバッグはスーパーで買えますが, だいたい50袋入って300~400円と非常にお得です. 1袋で1Lの麦茶が作れると仮定すれば, パック麦茶は6円/Lですので, ペットボトルの麦茶がコンビニで500mL100円だとすれば, 約25~30倍の麦茶が飲める計算となります. 

部屋にペットボトルと缶のゴミが溜まっているのは一人暮らし大学生の定番風景ですが, この家作り麦茶ならばペットボトル容器の処理の手間も削減できます. 

あと同じ麦茶を買うなら絶対に水出しがいいと思います. お湯で毎回麦茶を出すのは面倒だし, 暑いです. 

水出しなら寝る前に水道の水にパックを放り込んで冷蔵庫につっこんでおくだけで翌朝目覚めの一杯を楽しめます. 

麦茶パックは絶対水出し!(水出し原理主義者なので)

 

何だかんだ言っても麦茶を家で作って飲むのなんて普通じゃんという方が多いと思うので, マイ・オススメ・麦茶パックを紹介しておきます.

 

ハウスの水出し麦茶のアルミ包装のやつです. 

 

 

 

※ゾンアマにありがちなまとめ買いを薦められます.

 

 

これのいいところ

・水出しである(絶対条件)

・量が適度 (少なすぎるとすぐなくなるし, 多すぎると使い切る前に腐る)

・アルミパックなので保存期間が長い

悪いところ

・アルミパックに入っているぶん, ちょっと値段が上がる

 麦茶パック界最安値ではないとはいえ, 同じ量の麦茶をペットボトルで買うよりは安いです.

 

なお, 初期投資として冷水筒が必要ですが, これも700mL~1000mLくらいのやつがホームセンター等で安く売っているので微々たるものです. こっちは別にこれといったオススメは無いので好きなのを買えばいいと思います. しいて言うならクリアタイプかつフタが白で, 注ぎ口がワンプッシュオープンのやつがいいかもしれません. 

冷蔵庫のドア側のポケット(なんて呼ぶのかわからない)に入るスリムなやつもよいですね. 

  

 

 

要は, 飲み物への出費が大幅に減らせるというだけです(この場合の飲み物とは嗜好品以外の, 生命活動に必須な水分のことを指します). 

夏は家で麦茶を作りましょう. 

そして, 喪われたかつての「小学生が実家で過ごす夏休み」を取り戻しましょう.

家で作った麦茶はマジで小学生の夏休みの味がします.

 

 

 

【2】炭酸水

 

夏といえば汗かいて帰ったあとのシャワーからのビールですよね, と言いたいところですが, ビールばかり飲んでいると弊害があまりに目立つ(健康面・資金面・脱水作用など), というわけでオススメしたいのが炭酸水です. 

暴論をいえば, 夏のビールのうまさは「冷たい」「シュワシュワする」「のどごしがいい」「ほどよい苦味がある」くらいに収束されるのではないでしょうか.  裏を返せば, これらの感情を全て満たすことができればそれはビールと言えるわけです. 夏は暑くて脳が死んでいるので, アルコールのない炭酸水でもビールと同様の効果を期待できると思います.

夏はビールの代わりに炭酸水を飲もう!

最近絶滅の危機に瀕しており食べるのが危ぶまれているウナギを他の魚のすり身のタレ焼きで代用するようなものだとも言えるかもしれません. 

 

とはいえ, ただのビールの代用品と言いたいわけではありません.

あんなのただの割り材でしょ(笑) 割り材そのまま飲むの?と炭酸水をナメていませんか?

夏の炭酸水はほんとうにうまいです. 

夏の炭酸水はほんとうにうまいです. 

最近の炭酸水にはレモン味やグレープフルーツ味、ブドウ味などの果物系フレーバーがついている場合もありますが, 僕はだんぜん無印(=無味)の炭酸水が好きです. なぜなら「無」には飽きるという概念がないからです.  甘さに辟易したり味がイヤになったりすることがなく, 宇宙が存在しているかぎり飲むことができます. 

また, 炭酸水は「炭酸を抜けばただの水である」というマルチ性も魅力です. 炭酸が苦しくなったら水にして飲めばいいのです(それなら水を買えという意見もあります).

安さならやはりセブンプレミアムの炭酸水が強いですが, 元祖・王道のウィルキンソンタンサン推したいところです(なんとなく美味しい気がするし見た目もかっこいいので).

 

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

 

 

これだよ!これこれ!!!

 

iyec.omni7.jp

 

すぐ箱買いさせるんだから......(ポチりながら)

 

まとめると, 炭酸水はその美味しさと刺激もさることながら, コンビニ価格でも500mL100円もしないのでたいへんお得であるうえ, 無味のものは水と炭酸だけでできているので, 余計な糖分を摂りすぎることもない最強の飲料であるわけです. 継続して飲むならこのあたりのことがあとあと効いてくる気がします. 

 

これらのことより, もし「これから先の人生, 1種類の飲み物しか飲むことができないなら?」と問われた場合は 「炭酸水」と答えるのが最適解です. 

 

 

【3】製氷皿

 

買うというか, 冷凍庫にデフォルトでついている製氷皿でもじゅうぶんです. 何を言いたいかというと夏は製氷皿で積極的に氷を作ろう. ということです.

ハウス氷の用途と利点を以下に箇条書きで記します.

・冷たい

・冷たくて気持ちいい

・作るのがカンタン

・最悪氷だけ舐めていれば暑さをしのげる

・お茶とかジュースが2割増しで冷たくなってうまい

・コップに入れると何となく涼しくなったように感じる

・急な来客時, 飲み物に氷を入れて出すと好感度が上がる

・そうめんやトマトとかの見栄えがよくなった気になる

・クラッシュアイススムージーが作れる(家にミキサーがある場合のみ)

・ロックアイスを買うよりも安い(ただしどうしてもロックアイスじゃないとダメなときがあるのでそのときはロックアイスを買って下さい. 具体的には酒. )

 

ちょっとお金持ちになったら, 課金してちょっとレベルの高い製氷皿を購入しましょう.

ロックアイスやミニアイス, 水筒用のロングアイス, くまさんとかのかわいい氷が作れるやつ, さらには完全球体の氷を作れるやつもあります. バーでウイスキーのグラスに入っているアレが家庭の冷凍庫で作れると思うと胸が躍りますね.

 

Like-it 丸氷 製氷器 俺の丸氷 ブラック STK-06

Like-it 丸氷 製氷器 俺の丸氷 ブラック STK-06

 

 

でかくてまんまるの氷作ってウイスキーグラスに入れてぇ・・・ 

 

 

 

 

【4】ミニッツメイドのグレープフルーツジュース

 

ときどきジュースが飲みたくなったときはこれを飲むことにしています.

このグレープフルーツジュースは「体が疲れているときに飲むとうまい」(=「うまいと感じるときは体が疲れている/疲れていないときに飲んでもあまりおいしくない」)というよくわからない効果があるシロモノです. 生協価格で 350ml/144円 と少々高いですが, たしかにこいつはちょっと疲れているときに飲むと恐ろしくうまいです. 酸味と苦味が体に染み渡る感じをダイレクトに味わえます. 反対に, 元気モリモリのときに飲んでもちょっと苦くてあんまりおいしくないな...と感じる不思議な飲み物です.

この性質を逆手に取り, コレを飲んで「おいしい…ああ俺は今疲れてるんだ…」という自己肯定感・セルフねぎらい・疲れたアピールを手軽に得ることもできます.

なお, 正式名称は「ミニッツメイド 朝の健康果実100% ピンクグレープフルーツブレンド」です.

2500円くらい出してダンボールで買うってのも夢があっていいですね. 

 

別にAmazon経由で箱買いしなくてもコンビニや生協で1本から買えます.

 

 

【5】扇風機

 

え?扇風機?しょうもな...と思わないでください.

最近は「寝ているときに冷房を切ったら熱中症になる」だの「冷房はつけっぱなしのほうが安い」だのの論説をよく見ますが, 冷房の影に隠れて案外あなどれないパワーを持っているのが扇風機です. 「冷房で涼しいんだから扇風機とか別にいらないじゃん」という人が多いと思います. 確かにそれもそうなのですが, せっかくなので扇風機も買ってください. 冷房は部屋全体をまんべんなく冷やしてくれますが, 意外にピンポイントの風は与えてくれません.  お風呂上がりに涼んだり, 帰宅時に涼んだりするのに扇風機が絶大な効力を発揮するのです. あと冷房の効率を上げるサーキュレータ的役割もありますし, テーブルの上に広げた酢飯に一気に風をあててつややかな酢飯を作ることもできます. 

このようなメリットのわりに初期投資も消費電力も(たぶん)大したことないのもオススメ・ポイントです.

USBに挿して使うPC卓上ミニ扇風機も売っていますが, 出力を考えると効果が薄いので普通の据え置き型のやつを買う方が良いと思います. 

扇風機を買ってください. 扇風機の前から離れられなくなります.

お風呂上がりに扇風機の前で炭酸水を飲みましょう. 

 

 

 

【6】新ビオフェルミンS

 

夏はどうしてもアイスやそうめんなど冷たいものばかり食べたり飲んだりしてしまうので, 必然お腹がゆるくなります.  そんなときに備えておくと安心なのが「新ビオフェルミンS」です. 

腹痛に対しては胃腸薬の元祖・王道・草分け的存在である大正製薬正露丸でもだいたい同様の効果が見込めますが, アレは独特の匂いがあるので苦手な人もいるでしょう(糖衣Aを買うという手もあります).

なぜ山ほどある胃腸薬の中でとりわけ新ビオフェルミンSがオススメかというと, 「新ビオフェルミンS」という単語が, メロディが自然に再生されるレベルで身体に染みついているからです. プラシーボ効果という言葉はもうすっかり有名になりましたが, 「名前をよく知っている薬」というのはやっぱり効きがよいものなんです(ビオフェルミンは普通に薬効があるのでプラシーボとはちょっと違うかもしれませんが). 僕などはこういう思い込み系がメチャクチャ効くタイプなので, 新ビオフェルミンSを3錠取り出して眺めているだけで腹痛が治ります. 

 

武田コンシューマーヘルスケア 新ビオフェルミンS錠 540錠 【指定医薬部外品】

武田コンシューマーヘルスケア 新ビオフェルミンS錠 540錠 【指定医薬部外品】

 

 

今どき薬もAmazonで売ってる時代か......

リンクは540錠ですが一人暮らしなら130錠のビンで十分だと思います.

週に3回はお腹を壊すとかなら別ですが.

 

 

 

【7】棒アイス

 

メチャクチャ安い・食べるのがラク・味がチープで懐かしい と3拍子揃ったお手軽アイスです. 

だいたい10本パックで100円ちょいなので, 1本あたり10円ほどで食えます.

食べるときは真ん中から2つに割るので, パピコや2枚きっぷと同様に, 1人で2回食べるか2人でシェアして食べるか選ぶこともできます. 

味は言ってしまえば「若干甘いような気がするかき氷」です. 食べたことがある人はわかると思いますがラクトアイスではなく完全に氷菓なので, 冬に食べてもまったく美味しくないですが, 夏に食べると絶大なノスタルジーに浸かることができます. 味の濃淡の配分がちっとも均一じゃないのもオツなポイントです. 

フレーバーの種類もクリームソーダ味やフルーツ味などいくつかあるのでスーパーでぜひ探し求めてみてください. 

 

また余談ですが, このアイスは「地方・個人によって呼び方が全然違うモノ」の2大巨頭の1つでもあります(もう1個は絆創膏).  知っている限りでは「棒アイス」「棒ジュース」「チューペット」「チューチュー」「チューチュー棒」「ポッキンアイス」「パッキンアイス」など本当に様々です. 自由研究やWebアンケートなどでもう調べ尽くされていることでしょう.

ちなみに僕は「チューペット」派 です. あなたは何派ですか?

 

 

味はフルーツのやつが一番好きです.  

お風呂上がりに食べるとおいしいですよ.

 

 

【8】無香空間

 

「『匂いがしない』という匂い」という何とも哲学的な香りの消臭剤です. 

「無の匂い」とは一体どういうものなのでしょう? 

据え置きタイプで容器の中に無色透明のボールがいくつも入っているだけなので, 部屋に1個設置してぼうっと眺めていれば無我を体得することも可能ですし, ついでに部屋の匂いも取ってくれます. 

夏は汗をかく & 冷房で窓を閉め切るのコンボで確実に部屋が臭くなるので, 1個くらい消臭剤を買って損はないと思います. お金に余裕があればキッチン用とトイレ用のも買いましょう. 

 

無香空間 特大 消臭剤 本体 無香料 630g

無香空間 特大 消臭剤 本体 無香料 630g

 

 

あっ!小林製薬.

小林製薬の出す商品はどれもこれも名前から一撃で効能が推察できるので素晴らしいといつも思っています.

(例:ナイシトール, チクナイン, ガスピタン, ケシミンクリーム, 実は熱さまシートやブレスケアも小林製薬商品だったりします)

 

 

 

【9】枕干すヤツ

 

夏は天気が良いので洗濯もモリモリ捗りますが, 意外に忘れがちなのが枕です.

枕はデカいのでなかなかうまく干せないんですが, そこでこういう枕干しハンガーを1個買っておくと引っかけるだけで枕が干せてメチャクチャ捗ります.  

 

www.nitori-net.jp

 

ニトリでわりかし安価で売っています. 

 

夏はどうしたって寝汗をかいて確実に枕が臭くなるので, 枕カバーを洗濯して枕の中身(?)を日光に当てれば寝るときにおひさまの匂いがしてちょっと嬉しくなりますし, まるで自分が清潔になったかのような錯覚に陥ります. 

追加効果として枕だけでなくちょっとしたぬいぐるみも天日干しできるので, いつも室内で暮らしているクマやパンダたちにもたまにはお天道様を体験させてあげましょう. 

 

 

【10】4倍濃縮のめんつゆ

 

調味料のトップランカーめんつゆ, 夏はそうめんに浅漬けにカツ丼に豚キムチにと大活躍ですが, どうせ買うならだんぜん4倍濃縮のやつがオススメです. なぜならストレートのめんつゆと量が同じなのに値段も同じだからです. 単純計算で4倍量使えるんだから値段が4倍でもおかしくないのに意味が分かりません. どういうことなんでしょう.

初めて4倍濃縮のめんつゆを買ったら, 騙されたと思って1回薄めずに直接飲んでみてください. 意味不明な濃さにむせたあと笑いがこみ上げます. 

お金がほんとうになくて食材を何も買えないときはこの4倍濃縮のめんつゆをちょっとずつ舐めて飢えをしのぐこともできます. 

唐揚げの下ごしらえや卵焼きに入れてもうまいですね. 

ついでに洗剤と混ぜて置いておけば小バエも捕れます. 

本当に優良調味料です. 

 

www.kikkoman.co.jp

 

このキッコーマンのやつは, ボトルがスクイーズタイプ(ラグビー部とかバスケ部とかがよく休憩中に握りしめて飲んでるポカリスエット柄のアレと同じヤツ)なので, ちょっとずつ出すことができてとても便利です.

握りしめてそのまま飲むこともできます. 水分補給にはなりません. 

 

 

※「ラグビー部とかバスケ部とかがよく休憩中に握りしめて飲んでるポカリスエット柄のアレ」の参考画像です.

 

f:id:sk_dv:20170727234757j:plain

 

 

【11】きゅうり

 

夏野菜の王様きゅうり(なすが大将でトマトが女王です).

夏はきゅうりが安くてうまいのでいっぱい食べましょう. 

そのまま食べてもよし, マヨネーズを付けて丸かじりするもよし, 斜めに切って浅漬けにしてもよし, 細切りにして冷やし中華に乗せてもよしの万能選手です.

僕が好きなのはたたききゅうりにしてごま油とめんつゆに漬けて七味を散らしたヤツか, 塩昆布とごま油で食うヤツです.

あとS&Bが出してる「山椒きゅうり」という100円で買えるきゅうり用のシーズニングがバカみたいに美味いのでめちゃくちゃ買いだめして家で延々と食い続けています. ガチでヤバい魔法の粉なので買ってみてください. 1回だけなら大丈夫です. 

 

 

きゅうりを叩き割ってビニール袋に入れ, この粉とサラダ油を加えて振ったり揉んだり混ぜたりするだけで天国に行けます. 

 

いずれにせよきゅうりはカロリーが誤差レベルで無い割にビールが進むので, 3本くらいは冷蔵庫に常備しててもいいんじゃないでしょうか.

きゅうりなんてほとんどが水分でできてるんだから無益じゃねーかとしょうもない横槍を入れてくる奴は一生水だけ飲んでてください. 

 

 

【12】キンチョール

 

伝統と格式のジャパニーズ殺虫スプレーです. いざという時の対症療法として1本ベッドサイドに置いておくと突然の虫の来襲にも落ち着いて対処することができます.  格安なわけではないですが. 

余談ですがキンチョールの匂いをかぐとおばあちゃんの家に遊びに行ったときのような不思議な安心感がするのは僕だけでしょうか. 我々は虫を殺すためではなく, キンチョールの匂いをかぐためにキンチョールを噴霧しているとも言えます.

殺虫成分でヒトの脳も多少なり麻痺するのかもしれません.  

 

 

最近はローズの香りなんていうタイプもあるらしくて, バラのかぐわしい香りに誘われた蚊が夢見心地で死んでいくんでしょうか. 人当たりのいい美人が実は安楽死専門のサイコキラーだった, みたいな感じがします.  

 

 

 

ーー以下、夏にはあまり関係ないけどオススメしたいものーー

 

せっかくなので短く書いときます.

 

 

【13】お風呂の排水溝の髪の毛取りシール

面白いくらい髪の毛がスッ・・・て全部きれいに取れて笑っちゃいます.

小さい穴が空いてるだけの安いシールで想像以上の大きな感動を得られるのでぜひ買ってみてください.

 

 

【14】セブンのラーメンサラダ

セブンのサラダで一番うまい.

正式名称は「ピリ辛ドレで食べる!ラーメンサラダ」です.

298円という, 昼ごはんにしては安いがおやつにしては高いという絶妙な値段設定もニクい.

その他にも, OLのお昼を手軽に味わえる, 案外満腹になる, 野菜をちゃんと摂ってる自分を演出できる, などの効果もあります.

 

 

【15】無印良品黒豆茶

無印で売ってるお茶の中で一番うまい.

 

 

【16】綿棒

お風呂上がりに耳掃除をすると自明に気持ちいい.

 

 

【17】箸置き・ランチョンマット・ガラスの小鉢

自炊したメシのSNSでの見栄えがよくなる.

それ以外の意味はありません.(暴論) 

 

 

 

最後のほうは尻すぼみですが, これで終わりです. 

 

 

 

【まとめ】

 

毎日のQOLをほんのちょっとだけ底上げしてくれそうなモノを選んで紹介しました.

特に夏は汗をかいてシャワーを浴びる頻度が格段に増えるので, どうしても風呂上がり系のモノが多くなってしまいました. 

 

いかんせん僕たちはお金がないので, 高級なモノは買うことができません. しかし世の中はそれを許してくれず, 「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」ということわざで武装してきます.  これも先人の知恵ですから一概に間違いとは言い切れませんし, かといってディスカウントやジェネリックが発展した現代においてまるきり正しいとも思いませんが,

「最安値より一段階だけ高い物を買う」

これが案外人生を豊かにしてくれるコツなんじゃないかと思っています. 

 

この記事を読んで書いてあるモノ全部買ったよ, という猛者がいらっしゃればぜひご連絡下さい. 

 

 

【おわりに】

以上はすべて個人の見解です.(と言わなくては叩かれるインターネット戦国時代) 

 

 

 

 

(8940字)

 

 

 

神戸まで四連を聴きに行ったらスマホが壊れた話

イタリア旅行記の執筆をさぼり続けて早三ヶ月, ちょっと一旦筆を止めて違うものを書くことにします. トピックがあまりに大きすぎると筆が進まないものですね. このままイタリア旅行記は忘却の彼方にお蔵入りになるような気がします.

 

先日の6/25(土)〜6/26(日)にかけて大阪から神戸へと旅行をしてきました. それも純粋に合唱を聴くためだけの旅行です. 思えば合唱のためだけに福岡からはるばる関西地方まで遠征するようになったかと思うと, なかなか攻めたことをしたものです. 目的はおおきく分けて2つ, 大阪府合唱祭」「第65回 東西四大学合唱演奏会」(通称四連)です. 前者はまあ説明の必要もないでしょうが, 後者はというと「慶応義塾ワグネル・ソサィエティー男声合唱団」「同志社グリークラブ」「早稲田大学グリークラブ」そして「関西学院グリークラブ」の4つの大学男声合唱団のジョイントコンサートです. 僕はワグネルやら同グリやら早グリやら関グリやらの男声合唱団が大好きで, とくに同グリは僕が1回生の頃にジョイントコンサートでご一緒した縁だし指揮が大ファンの伊東恵司先生だし, 関グリは先日福岡公演を聴きに行って感動したし, とまあいいことづくしの垂涎のコンサートであるわけです. 開催が兵庫という福岡からはちょっと遠い地にあるのですが交通の発達した現代日本でその程度の距離!合唱愛に負けるはずもなく, 気付けば関グリのジャーマネさんを通してチケットを購入していました. 

 

 

 

 

前半の25日のメインは大阪府合唱祭です. わざわざ他県(他府か?)の合唱祭を聴きにいくというのも珍しい行為かと思われます.  大阪府合唱祭では, その開催日数と出場団数の規模の巨大さに驚いたり, なにコラと伊東恵司先生の指揮に舌鼓を打ったり, Youtuber合唱団Chor Draftの嵐めいたダンスに 合唱祭なんでもアリやんけ!とひっくり返ったり, といろいろ楽しかったです. その後は石橋商店街で買ったたこ焼きを食べつつ電車を乗り継いで———これがかなり大変で, 都会の交通網の複雑さに ただでさえ貧相な方向感覚を打ち砕かれたりしました———神戸三宮まで行き, 高校の後輩である某キモオタ君を初めとする高校仲間4人で 肉が天高く積まれたローストビーフ丼を食べました. そのあとはわざわざ神戸まで来たのに何の因果か九州料理の居酒屋になだれ込み, モツ鍋やら明太オムレツやらチキン南蛮やら どう考えても地元で見覚えのあるメニューばかりが並んでいて閉口しつつもセイクで総合優勝, 流れでそのまま深夜のエアライド大会に突入, カービィはホイすぎてホイールになったり, 速すぎて速水もこみちになるなどし, そののち最後は無限に練りをしました. ぽやしみ〜(まわりがキモオタクなので自然と語彙力が低下していき, ついには一定の構文でしか会話できなくなるオタク特有の症状を呈している様がはっきり見てとれる)

 

写真はRedRockのローストビーフ丼です.

 f:id:sk_dv:20160628121520j:plain

 

 

とまあ1日目は (だいぶはしょりましたが) こんな感じです. このときはまだスマホが生きており(後述)上記のことはだいたいTwitterに昇華させているので, since検索でもすれば閲覧することができます.

 

 

2日目の朝は神戸線高速神戸駅からスタートしました. まず高速神戸駅とかいう やたら速そうで駆逐艦しまかぜでも棲んでいそうな駅ですが, ここがどうやら神大の医学部がある「楠キャンパス」の最寄り駅であるそうです. せっかく医学部なのでついでにキャンパス見学としゃれこもうと意気込み, 楠キャンパスに向かいましたが, 期待に反してあまり何もないキャンパスで, 生協もファミマも開店しておらず(日曜日だったからかな?)ちょっとがっかりしました. 僕にできたのは, 休みの日にもかかわらずキャンパスでうごめく死んだ目をした院生と, ギターを抱えた軽音部員の方々に不審な目をされつつチェックインすることくらいでした.

 

(註1・あとから聞いた話ですが楠キャンパスは医学部医学科「だけ」のキャンパスであり, 保健学科すら別キャンパスにあるそうです. 医学部のキャンパスというのはどうしてこうも他の全学キャンパスから隔離されがちなのでしょうか. 大学病院と併設するからでしょうか. このせいで全国の医学生は他の学部の友人から疎外されたさみしい生活を送っている——かもしれません.)

 

楠キャンパスでは何もすることがなく, 予想外にヒマをもてあましてしまったので生協前の階段でボケーッとしていると, 同じサークルで四連を聴きに来ていた人から電話があり, 「元町の中華街でも行こう」と言われたので, キャンパスでボケッとしているよりは, と重い腰を上げました.

 

高速神戸駅から神戸線で元町までは2駅です. 大阪兵庫に来て感じたのは「県境をまたいだりいろいろするわりに交通費が安い」ということです. 福岡など東区から西区に行くだけで片道500円もかかるし佐賀県に行くには電車どころかお車で峠の山道をブンブン攻めないといけません. ところが大阪から兵庫へはちょっと電車を乗り継げば350円程度で行けてしまいます. 関西地方の県どうしの結びつきの強さを感じたり感じなかったりです.

 

閑話休題, 元町に到着しました. みきとPが手がけたミリオン有名ボカロ曲に「いーあるふぁんくらぶ」というのがあり, あこがれの映画俳優に大好きだの愛してるだの言うために頑張って中国語を学ぶけなげな女の子を鏡音リンとGUMIが歌ったものですが, いーあるふぁんくらぶは歌詞が「神戸 中央区元町 駅前」からスタートします. そう, その神戸中央区元町に来たわけです. ボカロ界から離れ合唱界に移ってきてから足かけ早3年, もはや最近のナブナあたりのボカロ曲は皆目わからない""ボカロおじいちゃん""になってしまった僕ですが, まだまだいーあるふぁんくらぶくらいは歌えます. あいも変わらずミーハーなので神戸中央区元町の駅前の写真を撮ったりしてしまいました. 神戸中央区元町の駅前は中華料理やと競馬センターが並列するよくわからない場所であり, 通る人の7割はおじさんという, あまり いーあるふぁんくらぶ感のない所でした. しいて言うならおじさん競馬ふぁんくらぶといったところでしょうか.

 

 

 

このときは, この「神戸中央区元町駅前」のミーハー写真が, 神戸で撮影した最後の写真になるとは誰が予想したでしょうか.

 

 

元町駅前でサークルの友人ふたりと合流したのち, 四連の開演時刻(15時)まで5時間弱ヒマがあったのでさてどうしようということになりました. 元町駅前には先述のとおりなぜか競馬センターがデンと構えていたので, よくわからないままにとりあえず競馬センターに入ってみることにしました.

人生初の競馬センターはいかにも競馬を嗜んでいますというオジサンばかりがウロウロしています. さながら人と馬と金の渦巻く沼です(おおげさ). 最近の競馬は初心者や若者や女性に門戸を開くため, だいぶオープンでカジュアルな感じになっているようで, わかりやすい解説ガイドや, 馬券の買い方やレースの見方など細かいところまで説明の行き届いたマニュアルなどを無料で配ってくれます. 

 

 

 

さて適当に競馬センターの写真を撮ってチェックインでもするか...とSwarmを開いたところ, 僕のiPhoneがいきなりホワイト・アウトし, りんごマークを提示したままウンともスンとも——電源さえ切れなくなってしまいました. 忌まわしきAppleのりんごマーク!ここからが転落人生の始まりです.

 

スマホを無くしたからスマホを無くしたってツイートしよう!と思ってスマホを使おうと思ってもスマホがないからツイートできなかったっていうツイートをしようと思ったら(以下略)」みたいな笑い話をよく聞きますが, スマホが使えないというのは想像以上に辛く, 身を切られる思いというのはこういうことを言うのだなあとひしひし感じました. 「iPhone 壊れた りんごマーク」とかで検索して対処法を探そうと思ってもそのiPhoneが壊れているわけですから何も検索できません. うーんこのジレンマ.... 幸いひとりではなかったため隣にいるサークルの後輩のスマホを強引に借りて, 強制終了やら再起動を試みたものの全く効果がありません. どうやらこの症状は「りんごループ」というちょっとかわいい名前がついているらしく——現象自体は悪魔のようなものでまったく可愛くないのですが——最悪データを全消去して復元するしか解決法はないそうです.

 

「水にありがとうなどの言葉をかけつづけると綺麗な水になる」とかいう怪しい都市伝説は有名ですが, これを実証してiPhoneに「いつもありがとう」だの「酷使ばかりしてごめんね」だの声をかけたり, 優しく撫でてご機嫌をとってみたりしてもダメ. りんごマークをペカペカ光らせるだけでちっとも反応してくれません. 常日頃から片時も手放さず持ち歩き, 何かにつけて使用していたiPhoneが急にそっぽを向くというのも哀しい話です. 飼い犬に手を噛まれたり, 大事に育ててきた年頃のムスメが 急にどこの馬のホネともわからない男と駆け落ちしたまま連絡がつかなくなったりしたときのキモチというのはこういうものなのでしょう(犬も娘もいませんが).

 

ともかくiPhoneが死んで, しかも不運なことに旅先の道中ですから, いよいよどうすることもできません. TwitterやSwarmはおろかLINEもカメラも使えないわけですから, ほんとうに何もできません. この一億総スマホ社会, 現代人がスマホを失うといかに無力であるかを痛感させられる出来事となりました.

 

不幸中の幸い, 元町でサークルの友人と合流したあとはひとり旅ではなかったので, スマホを持っている人々にくっついて回ることで, 神戸の地で消息不明になり遺灰を淀川に流されるようなことにはならずにすみました.

 

 

旅行記にもどります.

まあ気をとりなおして(ショックが大きすぎて全然とりなおせなかったのですが)せっかく成年だし競馬センターに来たし, というところで僕ら3人は競馬をしてみることにしました. しかしながら競馬などしたこともなく馬のことも「みどりのマキバオー」くらいでしか知らない我々にいきなり馬券を的中させろというのも無理な話です. とりあえずもらったマニュアルと馬の名前が列挙された新聞のようなものを眺めて適当に100円だけ馬券を購入しました. しかし競走馬の名前というのはどうしてああいうオモシロネームなのでしょうか. ヘンなところに趣向をこらすものですね. 僕らはどうせ合唱団員なんだからと音楽系の名前の馬を探しましたが一頭, ラテン語の音楽記号を冠した馬がいたのみです.

馬券ひとつをとっても単勝複勝三連単三連複馬単にボックス...よくわかりませんがたくさん買い方があるようです. よくわからないので単勝に100円だけ払ってワンチャン狙うことにしました. たとえ100円の馬券でも, うまいこといけば億万長者になって豪遊......豪遊ッ.......!か と期待がふくらみますが, 結果はあえなく敗退でした. 馬の世界は深いです.

 

 

 優しいサークルの友人たちが なんとか近くでiPhoneの修理ができないものかと僕の代わりに検索エンジンを動かしてくれ, 三宮近くのジュンク堂の4Fにクイックサポートセンターがあるのを見つけてくれました. なのでとりあえず1回そこに行ってみようということになり元町から三宮までてくてく歩いていると, さすが神戸中央区元町, 道中には中華街の出店がバンバン並んでいます. 昼前の胃袋に暴力的な肉まんや唐揚げやごま団子, コロッケ……旅行中ということもあり財布のヒモがユルユル・オブ・ユルユルになっていた我々は, 行く先々で点心を買いあさり食べ歩くブタちゃんと化してしまいました. ブヒブヒ〜〜〜!!!

 

ブタちゃん御一行は三宮へ続く狭く楽しい商店街を冷やかしたり, おみやげを物色したりしながら過ごしました. そういえば三宮〜元町は高架下(ガード下?)がやたらに発展しており多種多様な店の看板が連なっていました. そういう文化なのでしょうか.

 

 

なんだかこのへんを細かく書いてもしょうがないのでちょっと省略しますが, iPhoneのクイックサポートセンターというのはあまり親切なところではなく, けっこうな時間待たされた上に, こんな状態になるともうデータを消すしか直る道はないし, 保証期限も切れているからだいぶ値の張る修理費が必要になる, とそこそこ絶望的なことを言われました. Androidならまあだいたいの携帯ショップで修理できる上修理法もバッテリーを抜き差ししたり再起動を繰り返したりなどの古典的な方法で復活することが多いのですが, どうもiPhoneというのは便利なくせにヘンなところで融通がきかず純正のサポートセンター(そもそもこれの店舗数が少ない)でしか直せず, 多くの場合データを全消去することになるそうです. そんなオール・オア・ナッシングな......不器用なイキモノなのでしょうか. 

ともかくサポートセンターで目覚ましい復活を遂げることができないまま, コンサートの開演の時間が迫ってきたのでバタバタとお昼ごはんを食べることにしました. 

お昼ごはんは元町中華街だし まあ元町のあたりで中華料理でも食べようかなと思っていたのですが僕のポンコツiPhoneのせいでまとまった時間が取れず, たいへんに申し訳なかった. ご迷惑をおかけしました.

とりあえず目に付いた鶏肉グリルのお店(?)で唐揚げ丼をいただきました. だいたいご飯を食べるときは女子大生よろしく写真を撮ってチェックインとともにツイートをするのが恒例なので, 今回もそうしようとスマホを取り出したところあの忌まわしきりんごマーク, そういやスマホ使えないんだった……失って初めてわかるありがたみ みたいなものをしみじみ感じながら唐揚げ丼を食べました. なんだか少ししょっぱかった気がしました(というわけでもなく, 新鮮な味付けの…生姜かな?香辛料かな?あまり食べたことのないタイプの唐揚げでとてもおいしかったです. お店の名前は失念しました. チェックインしないとすぐ忘れます.)

 

お昼ごはんを食べ終わるとバタバタと演奏会場に向かいました. 四大学ジョイコンのホールは西宮北口駅からアーケードでつながっている「兵庫県立文化センター」というところです. 駅からアーケードで直接連結している時点で(これはすごいホールなんじゃないか?)という期待が膨らみます. 福岡でいうとキャナルからアーケードでヤフオクドームに行くみたいな感じです.

 兵庫県立文化センターはその期待通り立派オブ立派なホール、福岡では見たことのない大きくて綺麗な…そりゃ歴史に名を冠する大学男声合唱団が4つも集まればこんな立派なホール使うわ…

コンサート自体はそのセンターの中でも一番大きい「KOBLECO大ホール」であるのですが, そのホールに足を踏み入れた瞬間悶絶しました. あまりに大きくあまりに立派であまりに素敵, 福岡のホールではとても太刀打ちできませんが しいて言うなら アクロスとFFGを足して5をかけたようなレベルです. 2で割るなどもってのほかです. あまりにホールがすごすぎて膀胱が落ち着かず何回かトイレに行ったりもしました. そのトイレがまたえらく綺麗!やっぱりトイレの綺麗なホールは信用できますね. その点アクロスはトイレが微妙です. 別にいいけど. 

 

そうこうしているうちに四連コンサート(名称がブレブレ)がスタートです.

今回は早めにチケットを予約しS席(2,500円…大学の合唱団の定演で2,500円はさすがです. 九混の2〜3倍しますね)を取っていたのですが, それがなんと前から7,8列目の砂かぶり!わりとローベーよりのはじだったのですが, それでも団員の歌っている表情や指揮者の顔まではっきり見える贅沢な席でした. 後ろを振り返るとそこはまるでオペラ座のように席がひしめき, 5階席くらいまであるんじゃないか?あんなとこで歌ったら脳内アドレナリンでビチャビチャになるんだろうな...うらやましい......

 

もらった四連のパンフ(やたら上質な紙とオールカラー印刷の高級なパンフ)は見所も多くとても楽しい読みごたえのあるもので合唱人垂涎, 僕の大好きな伊東恵司先生のプロフィールを見てよだれをたらしたりしていました.

 

さてスタートブザーがなると4つの団の団員が指揮者を先頭にぞくぞくと入場してきます. さすが四大学合同, 人の多いこと多いこと, さすがに九混の....それでも1.5倍くらいかな?ステージが男子大学生でギッチリでした.

 

最初はやっぱりジョイコンにありがちなエール交換, 各団の団歌を歌いあいます. 団歌は学指揮が振るのですがやっぱりどの団も指揮がカッコイイ...男声合唱の学指揮はどうしてあんなにバリバリパキパキと振れるのでしょう. あれは混声にはあまりない光景ですね. 指先まで力がこもっておりワンストロークごとにメリハリを感じる僕の好きなタイプの豪快な指揮です. 個人的にはワグネルの野口さん(さわやかイケメン)の指揮が良かったです. 同グリ東さんのまるで白鳥が祈るような指揮, 早グリ小林さんの飄々とした指揮, そしてなんといっても関グリのけんとさん, あんなにふわふわした雰囲気なのにひとたび指揮を振りはじめるとかっこいいこと......メロメロです. 早稲田の校歌「都の西北」とかめっちゃ有名だし生で聴けてよかったです. ユニゾンはやっぱパワー出ますね.

 

 

さていよいよメインのステージ!まずはワグネル, ドヴォルザーク「ジプシーの歌」です. ドヴォルザークというと謝肉祭などフィル系統の作曲家だと思っていましたが, 合唱組曲もあるんですねえ. ステージに団員が揃って観客の拍手が鳴り終わらないうちに指揮者が大きくストロークをするといきなりのフォルテ!うお〜〜〜〜〜!!男声合唱〜〜〜〜!!!!勢いのある迫力をもったステージでした. あまり触れたことのなかったタイプの合唱組曲で, 新鮮な気持ちで聴くことができました. 

 

次は同グリのステージ, 曲目は三善晃作曲・男声合唱とピアノのための「三つの時刻」と「路標のうた」です.  み.....三善晃....!折しもMODOKI×CA合同公開リハで三善晃ブームになっていた頃だったのでヨダレが出ました. 三つの時刻は「時刻」と書いて「とき」と読ませるタイプのアレですね. その名の通り三つの章から成るのですが, 第三章の「松よ」は2016年度全日本合唱コンクールの課題曲M3に設定されていますね. 風のフリユウトを吹くやつです. この三善晃男声合唱をなんと伊東恵司先生の指揮で!!!!!ア〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!ウオ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!僕は伊東恵司先生の弧を描くような正確で味のある指揮が大好きでほんとうにファンでもうヤバいので, もう感動で本当にアレでした(伊東恵司先生が好きすぎてボキャ貧になる). 遙か遠くとても及びませんがときどきモノマネをしたりしています. 男子がカラオケに行くと福山雅治のモノマネをしたくなるように, 合唱人は指揮を振るとき伊東恵司先生のモノマネをしたくなるものなのかもしれません. 曲はどちらもやっぱり三善イズムが感じられる複雑な和音と緻密で飛び跳ねるようなピアノ伴奏, これを正確に歌いきるのは難しそうです. とくに「路標のうた」のほうは三善晃にありがちな(?)いわゆる「2群モノ」で, 同グリでオンステしていたのは40人もいないのに それをさらに2群に分けてしまうとは......団員ひとりひとりのポテンシャルの高さを感じました. 三善晃モノはたぶん合唱をあまり知らない人にはよくわからない曲だったという感想で終わってしまいそうですが, 合唱人にとってはヨダレがビチャビチャ出るという典型的なスルメ曲だと思います.

 

早グリのステージは鈴木輝昭の男声合唱組曲ハレー彗星独白」です. 鈴木輝昭というと組曲「地上楽園の午後」が有名ですが, それと同じ詩集から四編を取り出して男声合唱組曲に仕上げたものであるそうです. パンフレットになんと作曲者鈴木輝昭自身のコメントが寄せられており, (大物......)と思いました. 鈴木輝昭作品らしく, パワフルな歌詞をバンバン音に乗せて飛ばしてくる 熱量たっぷりのステージで, これを演奏するには指揮者も伴奏者も合唱団も相当なパワーが必要だろうな......と感じました. やっぱりこういう力を持った詩と鬼のようなピアノ伴奏が合わさると凄いものがあります. 鈴木作品もちょっとスルメみがあるような気がしますね. 

 

トリは関グリの宗教曲ステージ!現代作曲家による宗教曲のアラカルトステージだったのですが, さすが関グリ, 力強さのなかにもどこかあたたかさのあるハーモニーで, 「これが関学トーンか......」としみじみ感動しました. 本当に上手で, 耳に和音がスッと入ってきます. 終曲のフランツ・ピープル作Ave Maria(Angelus Domini)は本当に素敵なアヴェ・マリアで和音進行も心が温かくなり鳥肌がブワブワする最高の演奏でした. ぜひとも歌ってみたい. 関グリのクラブモットーである「メンタルハーモニー」という言葉よいですね. 僕らもメンハモしたいです. 

 

休憩を挟んだのち, いよいよ四大学合同Barbershopステージ!大人数合同Barberは関グリの十八番だと思いますが, これを4倍の人数でやるというんだからもうその迫力といったらありません. 大人数Barberっての一度は僕らもやってみたいです. でも大人数に合う曲合わない曲とあるだろうな〜.

題目は"A Beatles Celebration", ビートルズの名曲たちをBarbershopスタイルにアレンジしたメドレーです. もうたまらんですね. 

ソロあり, ソリあり, ギターあり, ダンスありのほんとうに贅沢な構成, 大学の壁を越えてお互いに楽しく自由に歌い合うという 青春を凝縮したかのような熱く爽快なステージ, 自分も普通に同い年なのに胸が一杯になってしまいました. 会場いっぱいにあたたかくさわやかなハーモニーが広がっていく感じ, 最高です. とくに最後のHey Judeのあたりではステージの左右からよく歌謡コンサートとかである白いモクモクのアレが流れ出てきたりし, (お金かかってるなあ)とか(このモクモクはウチの企画ステージでは出せんな)などとちょっと俗物的なことを思ったりしました.

 

なんといってもこの大人数Barberに欠かせないのは関グリ・広瀬先生の指揮ではないでしょうか!シンプルながらもアツく, 最低限の振りで全てを伝える軽さと巧妙さ, Barbershopスタイルという 普通指揮無しで行う演奏形式をあくまで崩さないために決して演奏者以上に目立つことのない(そのため広瀬先生は指揮台を使っていないのかもしれません)信念, でも最後には演奏者と一緒になってポーズを決める明確なリーダーシップ...どれをとっても, やっぱり「大人数barberのための指揮」といった風格があって素晴らしいと思います.

 

合同ステージにももちろんアンコールがあり, もちろんビートルズの曲でシメです. 演奏しながらなんと団員のみなさんがステージから客席に降りてきて  観客席の方々に手を振ったり握手をしたりなどのファンサービスをしてくださり, (なんだか宝塚みたいだな...)と感動しました(宝塚を観たことはない). どなたかはわからないですが関グリの方と握手しました.

 

これで演奏会はおしまい...かと思いきやもうひとくだり, なんと各大学ごとにアンコールをやってくれました!アンコールが全部で5曲あるわけですね. アンコールだけでもお腹いっぱいです. 特に早グリのアンコール, Eのピッチパイプが鳴ったので(もしかして)と思ったらやっぱり斎太郎節でした. 男声合唱のアンコールでEが鳴ったらほぼ斎太郎節とみて間違いないと思います. ちなみにDはライチャリでAはサンセレです. 早グリの斎太郎節は ダイナミクスにアレンジのある面白いやつで, ぜひアレを真似して強烈なデクレッシェンドをかけてみたいです. 関グリのアンコールはBのピッチパイプが鳴ったので(もしかして)と思ったらやっぱりウボイでした. 関グリのアンコールでBが鳴ったらほぼウボイとみて間違いないと思います. けんとさんの振るウボイ最高でした!!!!かっこいい!!!!!

 

これで演奏会はおしまい...かと思いきや最後にもうひとくだり, そう, ロビーコールです. 曲目はライチャリと斎太郎節, もう「男声合唱のロビーコールといえば」で古くから歌い継がれてきた定番の2曲です(サンセレは今回聴けませんでした). とくにライチャリテナーソロの入りのGをロングトーンで伸ばしまくって(この間に拍手やざわめきや写真撮影を行う)というのがもはや恒例のお家芸であり, 何とも楽しいものです.

 

この演奏会が——アンコールとロビーコールも含めて——今まで色々聴いてきた男声合唱の定演で最も!最高に!激アツなものだったので, 電車に乗るくらいまでずーっと感動と感想が脳内にぐるぐる渦巻き大変なことになっていました. このあふれ出る思いを新鮮なうちに一刻も早くTwitterに反映させようとスマホを取り出したところ(あっそういやスマホ使えないんか......)

何回目かわかりませんが非常にもどかしい思いをしました. 

 

 

ともかく最高の演奏会でした!!!!!!!!

 

 

 さてこれがメインの目的だったわけなのですが, 旅はもう少し続きます.

ここからは一緒に行動していた九混の同回生の友人と合流し, その友人の友人が所属している大阪の合唱団の練習がちょうどあるというので あつかましくも見学に押しかけさせていただきました.

 

見学させていただいたのは「合唱団ゆにぽむ」(@yunipomu)というところです. 大阪を中心に20代前半の若いメンバーを中心にコンクールやアンサンブル・コンテスト, 訪問演奏などの活動をしている 約15名ほどの合唱団です(Twitter参照).

場所が大阪の淀川区民センターだったのでまた阪急か何かをのりつぎ大阪に舞い戻ります. 電車の中ではやたら話しかけてきて阪神タイガースの話題を振ってくる, いかにも大阪のオッチャンみたいな人に出会い, 大阪を感じたりもしました.

降りたのは十三という, 県外の人には読めない系の駅です. じゅうそうと読むらしいですね. ここから少し歩いて淀川区民センターまで行きました.

 

練見というのはほぼ全く知らない人だらけの知らない合唱団にいきなり飛び込むわけですからそれはそれは緊張するものです. しかしおおよそどこに行ってもあたたかく迎えてくれるので, 合唱人の優しさを感じてしんみりします. ここ 合唱団ゆにぽむもそういうところで, はるばる福岡から来ていきなり練習に飛び込んでいたよくわからない人をほんとうに暖かく出迎えてくれました. 大感謝です. おみやげもないのに. ほんとうにありがとうございます.

僕はテナーなのでテナーに入って一緒に歌わせていただきました. テナーは練習開始時でひとりしかおらず, 僕を含めても2人, 初めて来た合唱団で初めて見た楽譜をいきなり しかもふたりで歌うというのは なかなか力が試されるものです. しかし隣で歌ってくれたSくんの力添えもあって 実に楽しく歌うことができました. ゆにぽむの和気あいあいとした練習風景と雰囲気がとても好きになりました. あと曲のセレクトがとても素敵でした.

 

練見に連れてきてくださった友人の友人と, テナーで一緒だった彼のふたりくらいとはせめてLINEでも交換しておきたいな....と勇気を出してスマホを取り出したところ,

(そういやスマホ使えんやんけ)

 歯がゆい思いをしました.

 

(註2:のちにTwitterで繋がりました. SNSの力恐るべし)

 

ともかく ゆにぽむのみなさんにはたいへんお世話になりました. 福岡にご来訪の際は 九大混声合唱団に来ていただければ, 手厚く応対いたします.

 

 

さてこのゆにぽむでの練習を途中で抜け, また電車で梅田まで戻りそこからあとは福岡への帰路につくのみです.

帰りは21時半発の夜行高速バスでした.  高速バスは時間こそかかりますが新幹線より1万円も安いという学生には非常にありがたい乗り物です(新幹線が高すぎるとも言う). 実はほとんど夜行バスに乗ったことがなかったのでドキドキワクワクでした.

バス乗り場——といっても格安なので, 駐車場のようなだだっぴろいところにバスがひしめき, 屋根があるところで客が待機するのみといういわゆるモータープールでしたが——でたまたま四連を聴きにきていた福教のテナーの友達にバッタリ会ったり, ゆにぽむの方と別れを惜しんだりしながら, いよいよバスに乗り込み神戸にサヨナラです.

 

 

惜しむらくはスマホの故障で連絡がいろいろ取れず, 友人に迷惑をかけたりフォロワーの何人かに会うことなく終わってしまったことでしょうか. それでもじゅうぶんに楽しく満足のいく2日間でした.

 

 

夜行バスに乗ってからは, スマホが使えないので特にヒマをつぶせるものがないこともあって, 基本的にグースカひたすら寝ていたので記憶がそんなにありません. なんてったって21時半に神戸を出て福岡に着くのが朝7時とかですからね. 10時間もバスに乗っていると体と顔はベタついてくるし足はむくむし首肩腰はバキバキだし....

夜行バスで移動するのは若いうちが限界かな...とは思いましたが, 意外にも高速バスの乗客はおじさんおばさんが多かったです. 団塊の世代はパワフルである.

 

5時前に山口は下関の壇ノ浦パーキングエリアで休憩があったのでそこでバスを降りると, 関門海峡と そこにかかる関門海峡大橋が朝もやのなかにそびえており, 行き交う船のライトが浮かび上がるなんともいえぬ素晴らしい光景を見ることができました. 素晴らしすぎて軽くストレッチをしただけで腰にボキボキと文句を言われました.

 

朝7時, 博多駅近くの停留所に降り立ったところで旅は終了です. 足腰が非常に痛く高速バスでの移動はかなり覚悟がいることがわかりました. 安さには代えられませんが.

博多駅から箱崎駅に戻っているとだんだん現実に帰ってきたというキモチでいっぱいになります. 自転車で馬出まで帰宅して, お風呂に入り, 大学に行き. ラボにチェックインして , またこれからしばらく現実を生きていくんだなという感慨に浸りました.

 

 

研究室にはきちんとお土産として, 神戸プリンを買っていきましたよ.

 

 

 

(追記:スマホは無事, 翌日月曜日の夕方にApple Storeで復旧してもらいました. バックアップのおかげでデータもほぼ失わずにすみました. よかったです. みんなもバックアップはこまめに取っておこうね. iCloudよりもパソコン本体に取っておくのがオススメです. )

イタリア旅行記 第2日目(3月2日・水)①

更新をさぼっているうちに春休みもあっという間に終了し, いつのまにやら平成26年度と大学3年生が始まっていました. 無事大学3年生を始めることができてよかったです.

 

さてイタリア旅行記を書きはじめたまま ほったらかしてあれこれ歌っていたら旅行から1ヶ月経ってしまいました. このままじゃそのうち細かいことは忘れてしまいそうですね.

ようやく少し時間ができたので続きから書きます.

思えばまだ関空を飛び立って日本の上空から出てすらいないですからね.

 

そういえばエミレーツ航空の搭乗員さんは(CAというのかな)みなアラビアンな服装をしていました. 民族衣装とまではいきませんがどことなくアラブの装いを感じさせるスーツといった感じです. なんとなくの顔立ちを見るにアラブ系のお方なのかな, と思い眺めていると「こんばんは, ご搭乗ありがとうございます」と流暢な日本語の挨拶が出てきました. どうやらお化粧が濃かっただけの日本のCAだったようです. そりゃまあ関空発ですから日本人のCAもいることでしょう. その節は大変失礼しました. 

 

さて人生で初めて乗り込んだエミレーツ航空はなかなかに凄い飛行機でした. 僕らはまあ大学生の身ですからもちろんエコノミークラスだったのですが, 経済的の名を冠したエコノミーにしてはやたらにラグジュアルでした. 実際の座席はそんなに広くはなかったんですが, なんと全席にエンターテインメントモニタ(勝手に命名)が付いています. 前の座席の頭部分の裏側にモニタがはめ込んである感じですね. あんなんどうやって作るんでしょう. このモニタにはいろんな映画やら山のようなゲーム, 世界中のラジオ・テレビ・音楽をはじめとした様々なエンターテインメントコンテンツが並んでいます. 加えて現在の運行状況や目的地までの時間及び距離, 世界地図上でどこを今飛んでいるか(これがけっこう便利)みたいなおもしろインフォも見ることができます. たぶんあれを全部遊びつくすには世界を2周くらいしないと間に合わないのではないでしょうか. ドバイまで8時間のフライトじゃ足りないんじゃないかと思ったのはこういった次第です. 

ちなみにUSBポートもついていたので着席即iPhoneの充電です. 飛行機で充電してよかったのかな?と思いましたが...まあありがたい座席でした.

 

そのほかにも座席のシートポケットにはいろいろなものが置いてありそれらをいちいち物色しているだけで大興奮でした. まず目に入ってきたのは機内食のメニューで, (機内食だしせいぜいよくわからんパンとよくわからんサラダくらいやろ)と高をくくっていたらなんだかコース料理のような謎の文字列が並んでいます. しかも複数回...飛行機に乗ってるだけなのにタダで豪華なコース料理を食べていいのか?不安になりますね. さらにメニューの中で目を引いたのは「カップヌードル機内食サービスの時間外に提供いたします. 入り用の際はお申し付けください」との文です. 好きな時間にカップヌードルまでもらえちゃうのか...しかも一人一回とは書いてないし...ここに乗ってる人たちが次々カップヌードルを注文しだしたらどうするんだろう?などとワクワクした考えは巡ります.

 

(註1・しかしながら, 機内のエンターテイメントを堪能したりごはんを食べて寝たりしているうちにこのカップヌードルの存在をすっかり忘れており, 注文することはできませんでした. エミレーツ側も 何やかんやでカップヌードルを頼む人はそんなにおらんやろ という算段だったのかもしれません. )

 

 

メニューのほかに面白かったのはエミレーツ航空特製ポーチで, これを開けるとアイマスクと耳栓と靴下(?)がコンパクトに収納されています. 飛行機便利セットみたいなものかな?靴下とか何に使うんだ?履き替えるのか?ともかくこれを全員に無料で配るとはエミレーツも太っ腹ですね. さすが石油の国... ケチなのでどうせもらえるなら, とそのまま日本に持って帰ってきてしまいました. 

 

他にはヘッドホンの袋に入っていた3種のシールですかね. これは「起こさないでください」「機内食のときに起こしてください」「機内販売のときに起こしてください」の3つで, これのどれかを座席の頭のとこに貼っておくとCAさんがそれを見て察してくれるものだそうです. 機内食を逃してアア残念とならないために気を遣ってくれているんですね. しかしこのシールを貼るとなんだか食にがめついヤツみたいに思われそうで, 奥ゆかしいジャパニーズとしては少々気が引けます. 日本人たるもの自力で(または友人と互いに起こし合って) CAの手をわずらわせることなく機内食を勝ち取るべきではないでしょうか.

 

先述のモニタの下には同様にリモコンがはめ込んであり, これは横っちょのボタンを押すとニュッと押し出されてきて手元で使えるようになります. 文章だけではどうも伝わらないかもしれませんがこのニュッがやたらと楽しく, 初めてのゲーム機付き飛行機にテンションが爆上がりしていた我々はそのニュッにめちゃめちゃハマり, 1回出せばいいものを何回も出しては戻しニュッニュッしまくっていました. 今思い返すとなんだかよくわかりませんが, 得てして旅行とはそういうものなのかもしれません.

 

 

さて無事モニタからリモコンをニュッして遊んでいると, 先ほどの添乗員さんズが何かをくばりはじめました. なにやら白い布のような...なんだこりゃ?と思いながら待機しているとその正体はなんと「あったかいおしぼり」でした. 何でおしぼりなんか配ってんだ?居酒屋か?疑問符だらけでしたが一応手を拭いておきました.

 

機内ではだいたいの人がエンターテイメントモニタでテトリスやら五目並べやらシューティングゲームやらをエンジョイしていました. 封切りされたばかりのスター・ウォーズの新作を見ている人もいましたね. 僕はひととおりゲームを触ったあとは「予告犯」という邦画を見ていました. 邦画もちゃんと用意されてるんですねえ. 「Japanese Movie」でフォルダ分けされていました. バクマンとかアンフェアとかラインナップはいっぱいありましたよ. 予告犯の中身についてはまあここで書くことでもないでしょうが, そこそこ面白い映画でした. 原作のマンガも読んでみようかな.

ゲームで面白かったのは何だろう. 五目並べかな. 隣の人はひたすらテトリスに励んでいましたね. 機内のランキングを更新したり.

 

 

このあたりで第1回目の機内食(夕食)が出てきます. エンターテイメントのせいで今何時かもよくわからなくなっていましたが, だいたい深夜2時くらいだったんじゃないでしょうか. 

 

機内食の定番といえば「フィッシュ or チキン?」の2択ですよね. べつに給食のように全員統一で同じものを食べてもこちら側としては何の文句もないのですが, 機内食という限定された食事の中で少しでも選択の余地というか 遊び心を持たせているのでしょうか.

しかしこの選択性のせいですくなくとも一言はCAと会話しなくてはなりません(どちらも選ばない/両方という選択肢は無いようです. 両方食べられるもんなら食べたいですが). 自販機やコンビニ, ネットショッピングの普及により 店員と会話することなく買い物をすることが当たり前のように可能となった現代の日本人にとってはなかなかハードルが高いのでは?服屋などに行って店員から話しかけられるのを嫌っている人も多いでしょう.

 

しかしさすが一筋縄ではいかないエミレーツ航空, なんとその選択肢が「カニ or チキン?」でした. 本当です. カニくらい英語でcrabと言えば, もしくはチキンを日本語にしてカニ or トリニク?と聴けばいいものを 英語日本語チャンポンで聴かれて我々は困惑しました.

で, どっちにすればいいんだろう...

メニューにはカニとチキンの詳細も書いてあり, カニには山菜をゆでたヤツがついてくるっぽいです. これが案外おいしそうだったのでカニを選びました. 

ちなみに隣の友人にはチキンを選んでもらい, お互いに少し分けあうことにしましたが, これが二択を両方楽しめる最善の方法かもしれません.

 

出てきた機内食は予想に反して超豪華, 趣向を凝らした料理が飛行機の座席の小さなテーブルにうまくおさまるようワンプレートに凝縮されています. しかも選択性だったメインの入った器はわけがわからないくらいアツアツ, ほんとうに熱かったです. べつに多少ぬるくても タダで夕食を提供してもらっている以上構わないのにアホみたいに高温なやつが出てきました. こんだけ熱されて, カニさんもいい迷惑でしょう.

プレートの中でいちばん目を引いたのはです. 水?と思われるかもしれませんが, 水です. 水が例えるならゼリーのカップみたいなやつに封入されて配られました. 飲み口がなくどうやって飲むんだろうと思っていたらプラカップにザバーッと出してから飲むようですね. 謎の二度手間です.

他のメニューはパンとローストビーフのサラダ, デザートといったところでした. 汁物はさすがに提供できないっぽいですね.

メインのカニには山菜おこわみたいなものが入っており, (パンとおこわで炭水化物がダブってしまった)と "孤独のグルメ"のワンシーンがフラッシュバックしたりもしました.

 

ともかく初の機内食は新鮮で面白く, そしてけっこう美味しかったことを伝えておきます. 一番美味しかったのはデザートです. オレンジベースのケーキにシロップが浸透していてすてきな味わいでした. ぶっちゃけそんなにお腹空いてないし時間微妙だしこのデザートだけでもよかったかもしれないです.

 

 

食べ終わりかけたころにもういちどCAが回ってきて, 何かと思えば飲み物をくれるようです. ちょうど食後で, (日本だったらあがりに緑茶でも飲みたいところだナァ)とぼんやり考えていたところに カップに緑茶をついでくれたので エミレーツにはエスパーがいるんじゃないかと思いました. わりとちゃんとした煎茶でしたし. 

緑茶のほかにももう一度ドリンクをくれるようでしたが, いかんせん食後のぼんやりした頭から英語が出てこず, ほんとうはアイスコーヒーが欲しかったのにうまく言えずに結局コーラをもらいました. 無念です.

このコーラは缶で, アラビア文字で「コカ・コーラ」(たぶん)と書いてあるアラブ仕様コーラでした. 珍しかったのでしげしげと眺めていたらゴミ捨てのCAさんに回収されてしまいました. 無念です.

 

 

食事が終わると機内の照明が少し落とされ, 暗に「寝ろ」と言われます. 機内の照明が落ちると, 天井に天の川が現れ, 非常にロマンティックなキモチで眠りにつくことができます. このエミレーツの機内で天の川を眺めながら告白されたらオッケーしちゃう人もいるんじゃないでしょうか. しかしよくわからんとこにお金をかけますね. 

天の川の正体は天井にポツポツ小さな穴をあけ, 内側からライトで照らす仕組みのものでした. 

 

 

 

しかしながらこの飛行機の国際線というのは, 乗ったら娯楽が与えられており, 娯楽を享受しながら座っていたら食事が提供され, 飲み物が提供され, 食べたら寝かしつけられて, 起きたらまた娯楽にふけり, するとまた食事が出され, 食べたら眠り, となんだか飼育されている気持ちになります. エミレーツ航空のブタちゃんになりはててしまうのではないでしょうか.

 

 

そんな感じで僕らがブヒブヒと遊んだり寝ていたりしている間にも, 飛行機はアジア上空を横断してゆきます. 窓の外は遙か遠くまで切れ目無くつづく夜の雲海, さながらジェットストリームのようで, 猛烈な速度で遠ざかってゆく日本と近づいてくるヨーロッパに, ちょっとしみじみとしました.

 

 

余談ですが, 僕のお気に入りのグレーパーカーには「Happy」という文字が印字されています. 日本の服にありがちな よくわからん英字が書いてあって外国に着て行くとそのトンチンカンな羅列から冷たい目で見られたり外国人の間でネタになったりするやつです. 

とはいえまさかHappyって書いてあるくらいで何も言われんやろと思っていたら, トイレの順番待ちをしているときにCAさんから

「Nice shirt...Are you happy?」(いい服だね, お前幸せなのか?)

と笑いながら聞かれました.

これは存外恥ずかしく,

「あ....thanks, I'm happy.」(ありがとうございます, 幸せです)

みたいな返事しかできませんでした. 

これからは外国にHappyと書いたパーカーは着て行かないようにしたいと思います. 

 

 

寝たり遊んだりしているといつのまにやらもうあと数時間でドバイにつくというあたりで2回目の食事が出てきました. 朝食のようです. ブヒブヒ〜〜! 朝食のメニューはあまり覚えていませんが スクランブルエッグがおいしかったように記憶しています. 食後の緑茶とオレンジジュースもバッチリいただき, 友人とブヒブヒとおしゃべりをしました. 

 

このあたりで僕のアナログ時計を5時間ほどすすめておきました. ドバイと日本の時差は5時間, 日本のほうが5時間先の世界です. 

 

さて飛行機の中が面白すぎて文が長くなってしまったのですが, そうこうしているうちに機体はドバイ国際空港 مطار دبي الدولي. Dubai International Airport のターミナルに無事着陸しました. 中東に降り立つなんて初めて!

 

到着時のドバイの現地時間は朝の5時(日本時間午前10時)ごろです. 機内でブヒブヒ〜とご飯を食べたり寝たりしていたので時間感覚があまりなく, 朝の5時という感じはあまりなかったです.

 

初めてのドバイの第一印象は「なんだか暑い」でした. さすが中東, 外気はどことなくムッとしていて砂漠の国を思わせます. まあドバイが寒くても雰囲気無いし ちょうどよかったかもしれません.

 

Wi-Fiをレンタルしたらオマケでついてきた アラブ首長国連邦用のWi-Fiをオンにし, いつも使っているチェックインアプリ Swarmを開くと案の定スポットが英語だらけで閉口しました. もちろん日本語の表示などなく, 勘でそれっぽいスポットを選んでチェックイン, こうしてドバイに降り立ったわけです. 

 

空港ではバタバタとチケットのチェックやらをしました. ドバイはあくまで経由ですからスーツケースを受け取る必要もなく, 入国審査はとくに必要なく, その代わりに空港の外に出てはいけない(不法入国扱いになってしまう)といった感じです. しかしドバイ国際空港はメチャクチャ広いしいろいろあるので空港の外に出なくても乗り換えの3時間(3時間もありました)は優につぶせそうです.

 

午前5時とかいう早朝でありながらドバイ国際空港はなかなかのにぎわいを見せています. 広すぎてあったものを全て書くとキリがないですが, 有名なやつではマックやスタバやハーゲンダッツのお店, グッチやシャネルやオメガなどの高級ブランド, 海鮮料理店やハイネケンの並ぶバー, 屋台っぽいジェラート屋など...

またあちらこちらにオブジェやら広場やらもありました. さすが空港の敷地が広いだけあってわりとやりたい放題です. こども広場みたいなのにもやたらスペースがとってあってきっと子供も大喜びでしょう. 

 

ミーハーな我々はDXBと書かれた大きなレタリングオブジェの前で各人 D X B の三文字のポーズをして写真を撮りました. ちょっと若気の至りっぽいですが青春の1ページとして誰かのカメラロールに残っているでしょう.

 

 

(註2・DXBについてですが, ドバイ国際空港をアルファベット3文字で表したものがDXBとなるようです. 福岡空港はFUK, 関西国際空港KIXのように. これを空港コードといい, 世界中の空港にはアルファベット3文字のコードがついているとのこと. FUKとかはわかりますがDXBのXって何なのでしょう. と思って調べたら2文字じゃ足りないから数あわせにXを使っただけの意味なし文字だそうですね. )

 

 

ドバイ国際空港では我々のツアーの添乗員から, 「乗り換えのあいだの3時間は自由行動なので各自ウロウロしたり朝ごはんを食べておくなどしておくように」 と言われたので友人と共にDXBの散策にでかけました. 大学生らしくスタバで一服でもよかったのですがどうせならドバイらしいものを食べたいと思うものです. 

 

しかしドバイらしいものって何だろう?ドバイといえばやはり石油と成金の国(失礼)です. もしかしたら石油王と運命の出会いをして養って貰えるかも?と思い歩きながらキョロキョロしましたが, 案外 白い服にターバンの石油王チックな風貌の人がホイホイ歩いています. あのうち何割くらいが自宅に油田を保持しているのでしょうか. トキメキが止まらないですね.

 

空港の窓の外からは遠目にうっすらとブルジュ・ハリファのてっぺんが見えたりもしました. あの"世界一大きなビル"です. メチャクチャ遠くにあるはずなのにわりと大きく感じたので, 実際に行ってみると信じられないくらいのビッグサイズなのでしょう. 入国をしていないので僕たちはブルジュ・ハリファに行くことはできませんが, なんとなくドバイの栄華と発展を目の当たりにしたような気になれました.

 

 

あまり石油石油とはしゃいでいてもしょうがないし, ドバイのくせにたいして石油を感じるものがなかったので, 結局バーガーキングで朝食を摂ることにしました. 

もちろん日本語のメニューはあるはずもなく, 店員さんはアラブ系の無愛想なオバチャンでとても日本語が通じそうもありません. しかもアラブの通貨ディルハムは(ヨーロッパ旅行ですから)持ち合わせておらず, なんとかユーロで支払えないかと苦労しました. ただでさえ英語の授業がほとんどなく, よくわからんWeb教材も大してマジメにやっていないヘボ大学生であるところの僕は, 高校時代の記憶をひっぱりだしながらカタコトの英語をあやふやに使用し, なんとか購入に至りました. 英語力と英会話力というのはまた別モノであるということを痛感します. オバチャンの愛想の悪さも相まって, 海外初の自力での食事はあまり上手くいきませんでした.

バーガーキング自体はとてもおいしく, 海外だからか(日本の店舗に行ったことがないのでわかりませんが——バーガーキングデビューがドバイというのも不思議な話です)やたらにボリューミーですごく満足いくものでした.

 

食べてみて思ったのですが シートに座ったまま2回の機内食を経て, しかも次のドバイ→ローマでまた機内食が1回出てくるのに朝からバーガーキングはちょっと重かったかもしれません. 海外旅行にお腹の不調はつきものと聞いていましたからこれでいきなりお腹から不満の声が聞こえたらどうしようと心配になりました.

 

 

さて3時間というのは案外あっという間, ドバイタイムはこれくらいでおしまいです. ここからはエミレーツ航空を乗り継いでローマへと向かいます.

 

 

ローマへと向かう機体も関空から乗ってきたものとだいたい同じで, 座席にはモニタが埋め込んであり, 最初におしぼりが配られます. ドバイは暑かったのにおしぼりもあったかいもので, (気の利かないヤツめ)と思いました. 人は贅沢に慣れてくるとだんだんワガママになってくる生き物のようです.

 

ドバイからローマは3時間くらいなのに一応ちゃんと機内食が出てきます. さっき朝ごはん食べたのに...なんだか今が何時で, これは何食を食べているんだかわからなくなってきます. メニューはもう忘れましたがもちろん日本語はありません. 英語の食材をウンウンうなりながら解読し, 二択も無事すませ, ブヒブヒと遊んでいるとあっというまに飛行機はヨーロッパの上空に入ってゆきます. 機内食で面白かったのはごま豆腐です. 何が面白かったかというと, ごま豆腐だと思って食べたらチーズケーキだったところです. そんだけです.

 

ちなみにこのフライトのあいだに「あん」というどら焼き屋さんの邦画を見ました. どうもアメリカのアクション映画よりも日本のしみじみとした感動系の映画のほうが肌に合うようです. あん作りのおばあちゃんの想いが心にしみましたが, なんだってヨーロッパの上空でつぶあんのことを考えているんだろうとよくわからないキモチになりました. 

 

車窓(車窓という言い方で正しいのか?)からは大きな川や平野, いかにもヨーロッパという感じの赤レンガと白壁の建物が円上に固まった集落のようなものも臨めます. ああ〜地理の授業でやったなあと遠い高校時代に思いを馳せたり馳せなかったり, そうしているうちにローマの空港に無事着陸です.

 

 

 

いよいよイタリア入り!

 

 

 

ローマの空港は正式名称をAeroporto Roma Fiumicino "Leonardo da Vinci"(空港コードFCO)と言います(Swarmより何とか読み取った). イタリア語でしょうか. 

 

空港名に「レオナルド・ダ・ヴィンチ」を冠するというのもなんともローマの空港らしくて面白いですね. こういうふうに空港にその地域の著名人の名前を付けるってのはよくあるのかな?と考えてパッと浮かんだのが高知にある「坂本龍馬空港」です. 急にローカルになりましたね. 坂本龍馬ダヴィンチが同列に語られるというのもおかしな話です(面白いほうの).

 

ローマの空港にはもちろん日本語はなく, いちめんイタリア人とイタリア語の世界でした(英語もあるけど). ドバイとの時差は3時間, 日本との時差は8時間で, 着いたときローマが午後1時でしたから日本は夜の9時だったのでしょう. 

 

さてローマでは外に出るわけですから入国審査が必要です. EU圏外から来た旅行者は別の窓口に並ばされますが, これがけっこうな混雑でした. 春だから遊びに来た人も多いのかな?昼ということもあり混雑でけっこう湿度と気温が高く閉口しました. 

入国審査といえば「この渡航の目的は?」という質問で, これに怪しい答えをすると不審者だとみなされて入国できないみたいなこともあるのでは, と緊張していました. 我々はまあ観光というよりも歌いに来たわけですから「Singing」と答えればいいんじゃないか?でも怪しいかな?歌わされるかな?と面白半分で行ったら渡航の目的を質問されることなくパスポートを見せただけの無言で入国審査が終わりました. ウーム.  余計なことをしなくてすんだのでよかったかもしれません.

 

 

入国審査を終えて空港のターミナル内に入ると, ああやっぱり外国なんだなあという感じがいよいよしてきます. なんというか「日本の匂い」がしないのです. これは感覚的なことなので伝わりにくいかもしれないですが...

あと荷物待ちのときにトイレに行ったのですがさすがオシャレな国イタリア, トイレまでやたらオシャレでした. オシャレすぎて流し方がすぐわからずややこしい思いをしました. トイレのことは後でも書きますが, いかに日本が優れているかが海外旅行をするとひしひしとわかるのではないでしょうか. 

 

 

ローマの空港では市街地へ出発する前にちょっとだけ自由時間があったので, すぐそこにあったカフェでエスプレッソを購入しました. 学業に追われて生協でコーヒーをジャブジャブ飲んで生活している身としては, ヨーロッパのコーヒーがどんな感じかに興味があったからです. ちなみにこれが初ユーロ使用でちょっとワクワクしました. 購入したエスプレッソはやたらに少なく, そしてやたらに苦く, ほんとうに苦く, ヨーロッパ人はこんな苦いものを常飲しているのか?とビックリしました. 量はほんの3,4口だったのに1ユーロ10セント(日本円にして140円ほど)したのですが, これを水で薄めれば日本のコーヒー140円ぶん(ボトル缶1本くらいかな)になるのではというくらいの濃度でした.

 

あとからわかったのですが このエスプレッソはそのまま飲むのではなく, お砂糖でジャリジャリに甘くしてから飲むものだったそうです. そりゃメチャクチャ苦いわけだ.

 

 

さてローマの空港を出ると, いよいよ市街地観光です!これから観光バスでローマ市街地に繰り出すことになりますが, そろそろ記事が1万字に到達するので, ここらでひと区切りつけたいと思います.

 

地球が回る方向とは反対に旅を進めてきたので, 端的に言えば時間軸に逆行していることになります.  すなわち体感ではいつまでたっても1日が終わらず, なかなかにキツい思いをすることになりました.  

 

イタリア旅行2日目はまだ半分くらいしか終わっていません.

長い1日ですね.

 

 

 

(②に続く)

イタリア旅行記 第1日目(3月1日・火)

3月1日から9日までの9日間, ちょっとイタリアに行ってきました.

 

 

せっかく海外に旅行してきたことだし, まあめったにこんな濃密で新鮮な旅行もしないでしょうし, どうせならどこかのインターネット・メディアに思い出を記録しておきたいというものです. だいたい一般的にはこういった旅行の思い出というのはFacebookに写真と一緒に書き連ねて100くらいいいね!を賜るのが普通かもしれませんが, 今回はブログという非実名媒体に落とし込んでみたいと思います.

というのもFacebookには少々 分量的にも書き切れないような気がしたからです. 今回の9日間の旅行はそれこそ出発のため福岡空港から関空に行く段階から, 旅程を全て終えて家に帰って寝るその瞬間まで非常に濃密なものでした. その全てを(覚えているかぎり)細かく, 自分の思ったこと感じたことを含めて書き殴ってみようと思います. 便宜上1日ごとにわけて書きますが, 最初の2日と最後の2日は飛行機の中で過ごしたので日付感覚がよくわかりません. これも国境を越える旅の不思議なところです. また, 実名を用いるFacebookではない場所に書くのですから基本的にサークルの個人が特定できないようにはするつもりです. 

 

帰りの飛行機あたりで, この旅行のいろいろを忘れないうちに帰国したらすぐブログを書き始めようと思っていたのですが, 何やかんやでけっこう遅くなってしまいました. 忘れてないといいんですけど. 

 

ちなみにまとめのような意味合いを込めて執筆した記事がFacebookのどこかのアカウントに上げてあるので, 広大なネットの海から見つけ出して, ぜひ読んでみてください. 

 

(註1・私事ですが, 僕の通っていた高校の地理の先生は, 長期休暇のたびにどこかしらに旅行に出かけ, 新学期にその体験をこと細かに綴った旅行記を皆に配布してくれました. ホームルームで配られ, いつもB5用紙詰めで40枚を超えるその旅行記プリントを毎朝楽しみに読んでいたことを今でも覚えています. あの先生の, 文字だけで異国の情景を想像させる感性豊かで面白おかしい文章力は今でも尊敬しています. その先生を見倣って, 今回の旅行記ブログには写真を一切添付せず, 文章だけにしておこうと思います. 各地の名所の写真は検索すれば出てくるでしょうし, サークルの団員たちのFacebookにある程度上がっているでしょうから. )

 

前置きは以上です. 前置きだったのでここまでは別に読まなくても構いません.

 

 

イタリア旅行は3月1日の夕方, 福岡空港から集合場所である関西国際空港にフライトするところから始まりました. 今回のイタリア旅行の大まかな目的だけ先に言っておくと「イタリアで歌う」ということです. これだけだとまあ何のこっちゃわからないかもしれませんが, 端的に言えば僕の所属している混声合唱サークルが, イタリアの合唱団とジョイントコンサート 及びバチカン市国サン・ピエトロ大聖堂でのミサで献歌を担当する, という行事だったわけです. スケールがすごすぎて最初は混乱しましたが, 出発の一週間前くらいに「あ, 来週は海外で歌うんか」というおぼろげな実感がようやく湧いてきたのを覚えています.

 

海外旅行というのは例えば佐賀大学に遊びにいったり大分の温泉旅館に行ったり制服ディズニーに行ったりとかいうのとはちょっと違ったものです. 一番大きな違いはパスポートがいるということでしょう. パスポートを取るのもけっこうバタバタしたんですがそんなことまで書いているとさすがに話が逸れるし正直細かく覚えていないので割愛します. ともかく何が言いたいかというと, 9日間の海外旅行はまず, 準備が鬼のように大変でした. とりあえず何はなくとも6泊くらいはするわけですから服がたくさんいります. 多少は同じのを着回せるとはいえ, 現地で洗濯をするほどの余裕は無いし...極力持っていく服を減らそうとズボンは3着しか持っていきませんでした. でも合宿とは違ってタオルを持っていかなくていいというのはありがたかったですね. 

 

それに加えてこまごましたものもたくさん必要でした. まず必要だったのは電気関係, イタリアなどの海外はそもそもコンセントの形からして日本と異なるそうで, アダプタやら変圧器やらを揃えていかなくてはスマホを充電することすらできないとのことでした. さらにもちろん日本の携帯回線は使用不可能だし, 海外の国際携帯回線を使ってしまうと想像もしたくないくらいの料金が請求されますから, Wi-Fiもレンタルしていくと便利とのことでした. 

 

さらにさらにもちろん日本円は使えないのであらかじめユーロという欧州の通貨を手に入れていかなくてはいけません. どっかで換金しました. お札の大きさが金額によってけっこう違うのは気持ち悪かったです.

 

また, 目的が合唱ですからステージ用の衣装やら楽譜やら靴やらも必要です. このへんが普通の旅行とは違うイレギュラな部分でした. どうやら海外旅行では, ロストバゲージとかいう 飛行機移動の途中にスーツケースが紛失されるというドイヒーなことがしばしば起こるようで, 万が一の可能性を考えて, ステージで必要な服と楽譜は機内持ち込み手荷物に入れておけ, とのお達しが出ていました. 

 

この「機内持ち込み手荷物」というのがどうにもクセモノで, まず機内持ち込みだから大きさに制限があります. しかし機内にどうしても"持ち込まなくてはいけないもの"というのが存在します. それは例えばパスポートや財布, スマホやその充電器などの貴重品であったり, 先述の楽譜と衣装であったり, 機内で便利なアイマスクやらスリッパやら安眠君とかいうヘンな枕やら羽織る上着であったり(いざ乗ってみると思ったより機内で色々使うことはなく, これらの荷物は余計だったのですが), 100mlまでの液体物であったりです. これらを全部持ち込もうとしたので, バッグのサイズと内容物の量との地道な闘いを強いられました. あれを詰めたりこれを出したり———思い返せばここが準備で一番つらかったです. 

 

 

ほぼ初めてに近い海外旅行ということで, 日本が恋しくならないかな?と思って何かジャパニーズなものを持っていこうかしらとも考えました. その結果僕が持っていったものは「日本語の合唱曲の楽譜」です. ここはじやらヒスイやら安里屋ユンタやらトトロやら...結局時間が無くてあまり見ませんでしたが.

他の団員たちはペットボトルのお茶やらカップヌードルやら, 折り紙やら和服やらを持っていったようです. 

 

(註2・当然ですが合唱がメインですのでイタリアで歌う歌の練習もしました. これも準備と同じくらいなかなかに大変でしたが, まあそれも今となっては良い思い出です.)

 

 

さてまだ出発もしていませんね. そろそろ福岡空港を発ちたいと思います.

 

福岡空港から関西国際空港まではピーチ航空というLCC(なんか安いやつ)を使いました. ピンク色である以外にこれといった桃要素のない会社です. うまいこと予約すると新幹線とかよりだいぶ安く済むそうですね. 不思議な時代になったものです.

福岡空港でわちゃわちゃと荷物を預けたりチケットを発券したりしていざ機内に乗り込んだときの第一印象は「あれ案外快適そうだな」というものでした. 格安航空格安航空と言われているピーチですから, いったいどんな粗雑な飛行機がくるのか, そもそもちゃんと飛ぶのかと少々ビビっていましたが, シートはフカフカ, 油断すると一瞬で眠りに落ちてしまいそうなもので, こんなよさげなイスでこの値段!?ニトリか!?と思いました.

 

 

福岡空港から関空までは, まあ距離を考えれば当たり前なのですが割とあっというまで, とくに寝たり音楽を聴いたりするヒマもなく, 座席のシートポケットに入っている飲み物のメニューやら機内販売の冊子やらを物色していたらいつのまにか着陸準備のシートベルト・サインが点灯していました. しかしピーチ航空の飲食物メニューは面白いですね. サーモンとオリーブのオシャレなおつまみとか沖縄名物の角煮のなんちゃらとかたこ焼きとか, 飛行機の中で角煮なんか食ってどうすんだと思いませんか?飲み物ももちろん有料, それもけっこう高くて缶ビールが400円とかでしたね. 缶ビールを見てちょっとムムッとなりましたが合唱も控えているしさすがに福岡から関空に行く程度でビールなんか飲んでいては先が思いやられるので飲みませんでした. 他はミニッツメイドのりんごジュースとか, 和歌山みかんジュースとか. 格安航空はどうやらこういうサービス系統でお金を徴収しているっぽいですね. 隣の席のおじさんはその格安航空のワナにまんまとハマって200円のホットコーヒーを買っていました. そのあとビジネス系の本を読んでいたところを見るに, きっとこのコーヒーは未来の自分への投資だと考えていたのかもしれません. 

 ちなみに, 本当にたまたま飛行機に乗ったこの3月1日はピーチ航空就航4周年の記念日であったそうで, 飛行機を降りるときにピーチ航空オリジナルストラップをもらえました. ピーチの機体をかたどったもので, ミーハーなのでもらってすぐに持ち込み手荷物にくくりつけるなどしました. ピーチ航空のこれからますますの発展を祈り, 記念品をもらったので一応媚を売っておきます. 

 

さてあっという間に関空に着くと, 福岡から離れた感覚ですでにドキドキでした. 大阪はやはり福岡とはちょっと空気が違います. 言ってしまえばとんこつの香りがしないのです. 大げさかもしれませんが, 福岡とんこつラーメン文化圏で生まれ育った僕にはなんとも落ち着かないような気がしました. ピーチ航空は格安航空ですから, 関空の中でもどこだかよくわからない僻地に着陸します. そこからバスやら徒歩やらで関空の中を闊歩しないとメインターミナルには行けないあたり, なんだか伊都キャンパスに通う九大生の様子を彷彿とさせるものでした. 関空はさすがの広さで, いまどこにいるんだかよくわからず, たぶん一人で行ってたらあっというまに迷子, 関西の地で永遠に眠ることになっていたかもしれません. 幸い同じ便に乗っていたサークル民がわりといたので, そのみんなにくっついて事なきを得ました.

 

関空に着き, さてもうすぐ日本を離れようというときになってやはり頭に浮かぶのは「しばらく日本にいないんだから, 日本っぽいものを食べておこう」ということでしょう. 人間生きているかぎり 食からは逃れられないのです. しかも正直大阪に来たこともほとんどありませんでしたから, やっぱりここは名物の粉もんが食べたくなるというものです. そこで我々は王道であるたこ焼きを食べにいきました. 関空をウロウロしているとナントカ横町(名前忘れた)という いかにもたこ焼きがありそうなゾーンがあったので, そこで遅めの夕食ということにしました. 空港内とはいえ本場?のたこ焼きはやっぱり美味しかったような気がします. あとついでに明石焼きというものも食べたのですがあれは実に不思議な食べ物ですね. あまりにもヤワヤワすぎるためにお箸でつかむのが非常にむずかしく途中ですぐ崩れてしまううえ, それをだしにつけてもう1回つかんで食べなくてはいけません. 明石焼きを完全な状態で食べることは不可能なのでは?それとも, 福岡の人がラーメンをバリカタで食べるように, 名古屋の人が手羽先を綺麗に食べられるように, 大阪の人は明石焼きを崩さずに食べられるのでしょうか.

 

たこ焼き(と明石焼き)を堪能した我々は余勢を駆ってアイスクリームを食べにいきました. といってもウロウロしていたらアイスクリーム屋があったというだけのことです. それも(ほぼ)(たぶん)沖縄にしかないブルーシールアイスクリームのお店です. 珍しかったし美味しそうだったので行っちゃいました. ブルーシールは沖縄のアイス屋さんということもあってフレーバーがけっこうオキナワンでした. サトウキビとシークヮーサーといういかにも沖縄な組み合わせ, とっても美味しかったです. 途中で「関西に来てなぜ沖縄のアイスを食べているのか?」との考えが頭をよぎりましたが, 甘くて美味しいものの前にはそんなことどうでもよかったかもしれませんね. 


(註3・惜しむらくはこのブルーシールアイスクリーム関西国際空港店はもうすぐ閉店してしまうそうです. )

余談ですがその横町の近くにポケモンセンターがありました. ピカチュウがかわいかったです.

 

 

さてふだん意識しない割にはここぞとばかりに日本っぽいものをバリバリ食べているうちに, 夜も21時を過ぎ, ここでサークルとしての集合でした. 大学の外でサークルの仲間とワイワイするというのはなんとも新鮮で, まだ関空から出発してもいないのに終始修学旅行のような気分でずっとハイテンション, 日本から出てないのにはしゃぎまくっていましたね. 何を見ても面白く楽しく, まあ修学旅行を体験したことのある人ならなんとなくこのキモチは伝わることでしょう.

 

 

関空に集合したあとはエミレーツ航空でドバイまで11時間のフライトです. 関空の国際線出発口はバタバタで, ツアーの添乗員さんからeチケットとかいうよくわからない紙片の入った重要そうな封筒をわたされたり, 燃油サーチャージの余りとかいうよくわからない名目で突然4,000円のお小遣いをもらったり(今から海外に行くのに日本円が増えても...と思ったりしました), エミレーツ航空のカッコイイ航空券に喜んだり, スーツケースを預けるときに20kgを超えそうになってヒヤヒヤしたり, 手荷物検査でベルトを外さなきゃいけないとか書いてあったせいであわててみんなでカチャカチャするハメになったりと, やたら慌てまくりましたが, 紆余曲折を経てようやくターミナルの内側に潜入することに成功しました. その先にある手荷物検査口の向こう側は, 突然グッチやらエルメスやらティファニーやらの高級ブランドが建ち並ぶ謎区画で, 一気に???となりました. 今から飛行機に乗るのに高級腕時計やらブランドのコートやら買う人がいるのか?もっと不思議だったのは免税店らしきところに炊飯器コーナーがあったことです. 海外旅行にいく直前に「あっ, 炊飯器を買うのを忘れてたぞ, いかんいかん」などと炊飯器を購入する人がいるのでしょうか?ここで購入したものはもう機内に持ち込まなくてはいけませんから, その人は飛行機の中に炊飯器を持って乗ることになります. 変な目で見られそうですね.

ここでは売店で, ご存じ伊藤園の「天然ミネラル麦茶」を購入しました. やっぱり外国には麦茶はないでしょうし, ましてや笑福亭鶴瓶の顔が写されたペットボトルなど存在しないでしょう. 日本が懐かしくなったときはこの麦茶を飲んで, 笑福亭鶴瓶のえびす顔でも眺めて遠き故郷へ思いを馳せようとした次第です.( 普通に喉が渇いただけとも言います.)

僕が日本から持っていった唯一の日本食はこの天然ミネラル麦茶だったわけです.

 

手荷物検査口から出発口に行くだけなのに, なんと関空にはモノレールが併設されてしました. なんというハイテクノロジー!さすがにやりすぎでは?モノレールなんてふだん乗らないので緊張しました. こんな状態で飛行機なんか乗れるのでしょうか.

 

ちょっと細かい順番を忘れましたが関空では出国手続きもしました. 日本人が日本から出国するぶんにはたいしたことはないだろうとちょっと高をくくっていましたが, 案外窓口の人の愛想が悪くちょっとビビりました. パスポートを出すのでわたわたしたからでしょうか. 海外に行くときには出国手続きの人の愛想の悪さに注意した方がいいかもしれません. しかしこのときはまだ日本語が通じていたのでマシと言えるでしょう, と今は思います.

 

緊張しながら出発口でワイワイしているといよいよ出発です. 11時間という普通の睡眠時間よりも長いフライト, 果たして耐えられるのか?寝ても寝てもヒマがつぶせないのではないか?そもそも寝付けるのか?iPhoneに入っている合唱曲を全部聴いてもまだ足りないのではないか?退屈すぎて機内でひからびてしまうのではないか?機内食とかいうよくわからん食事でイタリアに着く前にいきなりお腹を壊したりしないか?しばらく使えないであろう日本の携帯回線からひととおり「さよなら日本!」という旨のツイートを送信し, 機内で機内モードにしたあとは(いつも試験勉強の時スマホを使わないようにするためくらいにしか機内モードを使わないので, 本来の使い道をされて機内モードも喜んでいたことでしょう. )11時間という長さにヘンに緊張してわけのわからない心配ばかりしていました. 実際はそんなことはなく, むしろ11時間じゃ足りないくらいドバイ行きエミレーツの機内はメチャクチャ充実した楽しいものだったのですが, 飛行機が23:35発だったということもあり, 飛行機が日本を離れて少しすると(日本時間では)日付が変わります. 1日ごとに書くという旅行記の形式から言えば, ハチャメチャな機内の様子は第2日目に書くべきというものでしょう.

 

 

というわけで, 旅行記の第1日目はこのあたりにしておきます. 日本を離れただけで7,000字くらいになってしまいました. どうなることやら.

 

(第2日目につづく)

暗記パンのコストパフォーマンス

大学生のみなさん, 期末試験の迫り来る時期ですね. いかがお過ごしですか.

僕もご多分に漏れず勉強の進捗は艱難辛苦を極めています. 端的に言って死にそうです.

僕の学部の試験はいかんせん 膨大な量の暗記を強いられるタイプのものが多く, ただでさえ貧弱な脳みそを無理やり駆動させ続けなくてはなりません. 脳を使って脳のことを覚えるというのもどうも哲学的な話です. 可能なのでしょうか?

 

 

 

さて試験勉強の暗記に疲れた諸兄が頼りたくなるものと言えば, 何はなくとも「暗記パン」であろう. 暗記といえば暗記パン, というのは 博多みやげと言えば通りもん, と同じくらい有名というか当然の連想ゲームである. 

暗記パンとは(まあ今更説明すべき事項でもないと思うが)ドラえもんひみつ道具のひとつ. 要はパンに何かを書いて食べれば, その書いた内容がまるまる頭に入るというシロモノである. 

 

(註1・暗記パンについての細かいあれこれを列記しておく.

・暗記パンは正式には「アンキパン」(知らなかった).

・アメリカ版では MemoryBread と英訳されている(そのままやん).

てんとう虫コミックス(懐かしい)「ドラえもん」第2巻「テストにアンキパン」に収録されている.

・暗記パンの正確な定義は『パンをノートや本のページに写し, それを食べると その内容が確実に暗記できる』となっている.

・パンの両面に写せるかどうかは不明.

・原作ではのび太が暗記パンの食べ過ぎで下痢を引き起こしてしまい, 食べて暗記した内容を全て排泄してしまったため, 流れていく便と共に忘却してしまった, というオチがついている. )

 

(註2・註1を書くために検索していた際に見つけたのだが Wikipediaには「ドラえもんひみつ道具」をア〜ワ行ごとに全て網羅した記事があるようだ. いったい誰が蒐集したのか.  ドラえもんのひみつ道具 (あな-あん) - Wikipedia )

 

 

さて, 暗記パンを実際に使うとどうなるのだろうか.

 

(註3・のび太は作中では小学生であるから, 定期試験(そもそも小学校に明確な定期試験という制度はあっただろうか?もう昔のことだから忘れてしまった. 何かしらの形で科目ごとにテストがあったのは確かである. やたら高級な紙でカラー印刷の贅沢なペーパーテストだったように思う. )といっても たかがしれている. 僕たち大学生の試験はさすがに小学生と比べれば質的にも量的にも桁違いに大変なものであろう. (例外あり))

 

まず, 「大学生が試験1つにつき覚えるべき量を暗記パンに換算するとどれくらいか」を考えたい.

 

そのためには, 「暗記パン1枚で覚えられる分量」を考察する必要がある. 

 

手元にあるキャンパスノートやいろいろなサイズの教科書を見るに, これらの1ページはだいたい食パン1枚の2倍の面積ではないだろうか?

 

(残念ながら貧乏大学生である我が家には 教科書はあっても食パンの備蓄がなかったため, 実際の食パンとのサイズを比較することはできなかった. イメージでなんとかした. ひもじい. )

 

つまり, 簡単に言ってしまえば 暗記パン1枚あたりでは ノート及び教科書の0.5ページぶんしか覚えることができないのである.

暗記パンが6枚切りだったと仮定しても、1パック, もとい1斤食べて覚えられる量はたかが教科書の見開き1.5ページ分なのだ.

 

次に考えるのは「大学生が試験1つにつき覚えるべき量はページ数にしていくらか」である. これを暗記パン1枚あたり可能なページ数で割ればあっという間に答えが出ちゃう簡単な割り算である.

しかしこの問題は意外にも難しい. なぜなら人, というか試験によって覚えるべき量が全然違うからである. B5のレジュメ1枚で済んでしまうチョロい試験から, 30枚つづりのノート5冊ぶん, 1000ページ以上に及ぶ分厚い教科書まるまる1冊全て範囲, なんてのもある.

どうせならMAXの分量, 教科書1000ページの暗記で考えてみよう.

 

1000ページも全部暗記パンにしていたのではたまったものではない. 前述のとおり暗記パン1枚で覚えられるページ数は0.5ページであるから, 1000ページの教科書まるまる1冊を覚えるのに必要な暗記パンの枚数は単純計算で2000枚である.

では, 食パン2000枚を食べようとするとどうなるか?

暗記パンは6枚切り食パンであると勝手に仮定したのでそれを使うと, 6枚切り食パンはだいたい重さにして65g, 熱量にして180kcalであるそうだ.

 

つまり, 食パン2000枚は

 

65[g]×2000[枚]=130,000[g]=130[kg]

180[kcal]×2000[枚]=360,000[kcal]

 

である.

 

130kgの暗記パンを食べれば単純計算で体重が130kg増える(?). 調べによるとマツコ・デラックスの体重がおおよそ140kgであるらしいから, 教科書を暗記するだけで胃袋にマツコ・デラックスが1人入るようなものである.

 

なおもちろん130kgもの食パンが人間の胃に収まるはずはない.

ヒトの胃は, 通常時での容積は0.5L程度だが, 食事をすると最大4.5Lほどまで膨張することが知られている. ちょっと極論を言えばヒトが1度に食べられる量は4.5kgであると言える.

つまり130kgの暗記パンを食べ尽くして全てを暗記するには, 胃を

130÷4.5=28.888・・・

28回爆発させる必要があることがわかる.

28回も爆発させられる胃もたまったもんじゃない.

 

 

一方食パン2000枚は そのカロリーもバカにできない. 36万キロカロリーというとどれくらいだろうか?

成人男性の1日の平均摂取カロリーは約2,000kcalであることを考慮すれば, なんと180日分, 半年分である.

1回の試験のために(まあムチャクチャ重い試験の場合で考えているから大げさになるが)半年分のカロリーを摂取するというのもはなはだ健康に悪い話である.

 

このオニのようなカロリーを, どうせなら勉強で消費してみたい.

 

調べによると, 勉強により体重1kgが1分間に消費するカロリーは 0.0295kcalであるらしい. 

20代男性の補正係数を元に計算すると, 体重60kgとして この男性が1時間の勉強で消費するカロリーは

60×0.0295×60=106.2

106.2kcalである.

 

したがって, 360,000kcalの熱量を勉強のみで全て消費するためには

360,000÷106.2=3389.8

3390時間の勉強が必要であるとわかる.

 

1日の勉強時間はかなり盛ってもだいたい10時間ほどであろうから, 結局なんやかんやで1年間ずっと勉強し続けなくてはならないことがわかった.

このトピックを結論から言えば「1つの試験の丸暗記のリカバリのために1年間ずっと勉強しつづけなくてはならない」となる.

 

なんだか1年間...というと どうしても浪人やら留年やらを想起させてしまい, なんとも後味の悪い結果となった.

 

(註4・勉強を1時間しても食パン1枚分のカロリーもないらしい. いっぱい勉強してお腹が空いたからといってバクバク食べていては太ってしまうのかな. 受験太りと言われるゆえんは案外勉強のカロリー消費の少なさにあるのかもしれない. が, 逆に言えば低カロリーでたくさんの結果を出せる勉強は案外コスパのいい作業と言える. )

 

 

こんなことでは, 暗記パンは膨大な量の暗記を必要とする大学生の試験にとって あまりにもパフォーマンスが悪いのではないか.  

そもそも用紙サイズにしてB6程度の面積しかない食パン, 1度に食べられる限界枚数である10〜20枚くらいに書くほどの分量ならばいっそ普通に覚えた方が早いだろうし, 暗記パンに頼る必要性があるのか, とも言える.

 

 

しかし, よく考えれば ものごとを「完全に」覚えられるというのは何とも魅力的だ. 試験中「ああ, これやったはず, 覚えたはずなのに忘れてしまった, 思い出せない...」という悲しいキモチを何度も味わったことがある. ヒトの記憶というのは決して完璧なものではない以上, この「完全に」はかなりアドバンテージなのかもしれない.

 

 

また, 忘れてはいけないのが「転写作業の手間」である. 何はなくとも暗記パンの効果を発揮するためには, 教科書なりノートなりのページをパン表面に押し当ててギュッとしなくてはいけないのである.

1ギュッ(パンをページにセットしてから完全に文字が定着するまで圧迫しつづける手順)にまあ10秒かかったとしても, だいたいコンビニでコピーする手間と同じくらいである.

友人のノートやレジュメをコピーした経験のある方ならわかるだろうが, この単純作業が地味に面倒なのである. 

転写作業の手間, それをそののち食べるタイムロスなどなどを考えると暗記パンもなかなか難しいシロモノなのかもしれない.

 

 

 

なんとかしてこの「暗記パンのコストパフォーマンスの悪さ」を改善できないものか?以下, 解決法をいくつか提示したいと思う.

細々書いていると長くなるし疲れてきたので箇条書きで締めたい.

 

  • ひたすらノートを小さい字で書く または教科書を極限まで縮小コピーする ことで, パン1枚あたりの情報量を増やし 必要パン枚数を減らす
  • 暗記パンをスモールライトでメチャクチャ小さくしてから口に放り込む(かなり現実的なソリューション)
  • なぜか暗記パンをフカフカ高級6枚切りに仮定してしまったが, 暗記パンの定義上必要とされるのはパンの表面の面積のみであり, パンの厚さ自体は不問であることを考えると, パン1斤をひたすら薄く, 薄く, 1000枚切りくらいにしてしまえば1斤の分量で1000枚分の情報を暗記することができる. これは制度のウラを突いた妙案といえよう.
  • 教科書をpdfなどでデータ化し, そのデータを内蔵したチップやメモリを暗記パンに埋め込んだものを食べる(暗記パンの定義に外れないか, 要検証)
  • 暗記パンの暗記能力が例えばそのパン酵母にあると仮定する. その いわゆる「暗記パン酵母」をなんとかして体内に遺伝子レベルで取り込んでしまえば, 体内酵母の働きで 食べたものに文字情報が含まれている限り それを自動的に全て暗記できることになるのではないか. その段階まで行って, 極端だが 教科書を直接食べつくしてしまえば良いのだ. これは食べる量的にも, 転写作業が必要ないことからも, 最高にパフォーマンスが良いとも言える. 一見味気ない教科書だって ジャムやバターを塗ってしまえば形的にもまあパンっちゃパンであろう. おいしくいただいてしまえばよい. ヒトが教科書を消化できるかどうかはこの際不問として. 

 

 

 

ちょっと尻すぼみになったが, 暗記パンについての考察は終わりとする.

巷の大学では「単位パン」と称して クリームパンに単位の焼き印を押したものを生協で販売し, 大学生ツイッタラーを中心に人気を博したそうである. 便乗して暗記パンもいつか生協で販売される日を夢見ている. 派生で 楽譜を転写すれば 表現記号の子細に至るまで全て暗譜できる「アンプパン」なんてのもいいかもしれない. 我ら音楽サークル民垂涎である.

 

試験勉強の息抜きがてら30分程度で書くつもりが 予想以上に時間がかかってしまった. 正直こんなことしてる場合じゃない. 空想世界にひたっていないで 自力で暗記をしなくてはいけないのであろう.

 

 

僕はパンよりごはん派だから, 暗記パンには頼りづらい, というのもある. 

 

日本語における「2回目」の特殊性

【問】

ひとたび(一度)及び みたび(三度)を考えれば 本来は「二度」であるはずの「ふたたび」, 2回目だけ特別に「再び」という漢字があるのはなぜか?

  

【問の補足】

・ひとたび 及び みたび以降にはそのような特別な漢字は存在しない.

・ふたたびとは意味的に「ふたつ- たび」と考えてよい.

 

【考えられる答え】

2回目を意味する「ふたたび」には確かに「再び」と「二度」の書きがある. しかし「一度」及び「三度」以降とは異なり, 単なる「二回目」ではなく「前回につづいてもう一度」という意味をもたせるために, 特別な漢字を充てたと考えられる.

このことは英語で説明するとわかりやすい.

「再び」は「再」という字に見られるようにagainであり, 一方「二度」と書く場合はtwiceである. twice「二度」はあくまで 2回 であり, againのように「1回目があったあと もう1回」という意味を持たせることは難しい.

このように区別される. 

ひとたび及びみたび以降に特別な漢字が充てられていないことも, 同様に英語で考えればよい.

英語での回数表現は 1回目がonce, 2回目がtwice, 3回目以降は three times, four times と続いていく. twiceはagainで置き換えられるが, N timesを他の1単語で置き換える用法はあまり見られない.

 

 

 

【答えの補足及び考察】

 

結論から言えば, 意味の区別はそれほど明確ではなく「再び」を「二度」と表記したところで何も間違いではない. ただし文脈上の使い分けは推奨され, 与える印象も異なってくる.

 

<辞書よりの引用>

 

ふた-たび【再び/二度】

1. 同じ動作や状態を繰り返すこと. 副詞的にも用いる. 「-の来訪」「-過ちを犯す」

2. 二番目, 二度目.

 

辞書には「再び」と「二度」の明確な用法の区別は無い.

辞書上では, 言葉は意味音節の切れ目(正確な言い方がわからないけど)にハイフンを置いた形で掲載される. 「再び」は「ふた-たび」となっていることから, 送り仮名の切れ目と意味音節の切れ目が異なる位置にあるが,  これはまあ単なる送り仮名の問題であろう. 送り仮名については深追いしない.

なお, 辞書には類語として「再度(さいど)」があるがこれは漢字を見るにagain, すなわち「再び」のほうに近く, さらに「再度」を「ふたたび」と読むことはできない.

(「再び」の送り仮名が「(ふたた-)び」であることから, 「再度」を無理に訓読みすると「ふたたたび」となり2.5回ぶんになってしまう).

 

 

<「再び」と「二度」の違いなど>

 

① 「再び」と「二度」のもっとも大きな違いは何か?驚くべきことに(おおげさ), それはイントネーションである. ぜひ声に出して発音してみてほしい.

「再び」は「ふ↓た↑た→び→」(「うわばき」と同じ)「二度」は「ふ↓た↑た↓び↑」(「しらたき」と同じ)になる.

アクセントすなわち強弱で単語の違いを表す英語とは異なり, 日本語はイントネーションすなわち音程の違いで語を区別する. 方言などもこの論理に依っている. 「高価」と「硬化」の違いのように, 極端に言えば イントネーションが違えば別の語なのである. このことからも2つの「ふたたび」は意味で区別されると思ってよい.

 

② 「再び」には「ふたたび」以外の読みは無いが, 「二度」の「ふたたび」は訓読みであるから, 音読みをして「にど」と読むことができる. (湯桶読み及び重箱読みを考慮するなら訓々読みと音々読みである)

 

③ 「二度」のほうは【問】でも記したように, n度(nは自然数)で一般化できる. 一方の「再び」は一般化できない, すなわち特殊系と考えられる.

 

④ また, 文章が否定形になった場合, twiceの意味はほぼ消失する.「二度と〜ない」という呼応の副詞(懐かしいワードである)を考えれば, 英訳はnever...againであろう.

ここで興味深いのは, 「再び〜する」を否定するとき「再び〜しない」ではなく「二度と〜しない」と言う方が自然であり, しかもこのとき読み方は「ふたたびと〜ない」ではなく「にどと〜ない」ということである.

これについては「二度と」という言葉が, 「にどと」という読み方とともに あるひとつの副詞として一般に浸透しているからだと考えられる.

 

⑤ 使用頻度は, 2回目を意味するときでさえ 圧倒的に「再び」のほうが多い. すなわち「ふたたび」で「二度」を使うのはよほどtwice「2回」の意味を強調したいときのみに限定されると考えられる.

 

 

<「再」という漢字について>

 

「再」は象形文字であり, その成り立ちは「ひとつのものを持ち上げることによって 左右ふたつの足も同時に上がる」である. ここから「ある1つの事柄が起こると, それに重ねてもう1つの事柄が起こる」を意味する「再」ができた, とある.

 

f:id:sk_dv:20160121133741p:plain

 

 

しかしながら「ひとつのものを持ち上げることによって 左右ふたつの足も同時に上がる」とはどういった状況であろうか?よくわからない.

 

ちなみに,「再」は小学5年生で習う漢字である.

奇しくもちょうど僕が小学5年生のとき, 社会科見学でゴミ処理場に行った. そのときの感想文やまとめ発表用の模造紙に 「再利用」だの「再使用」だの(俗に言う3Rである) 何度も「再」という漢字を書いた覚えがある. もしかしたら, 小学5年生でゴミ処理場の見学をさせるために「再」という漢字を習わせるのかと錯覚するほどである.

 

 

<once, twice, three times...> 

 

【答え】の最後の方の補足として.

英語での回数表現で面白いのは, 回数表現と全く同じ単語で「倍数表現」も可能だということである.

2回と2倍が同じ言い方というのも考えればヘンな話だ.

ちなみに, 【答え】で「 N timesを他の1単語で置き換える用法はあまり見られない」と言ってしまったが, 英語では「3回目」にのみ特別な表記が存在する.

それは Thrice である. 読めない. これは英語圏でも死語であり まず使わないと思ってよいそうだ.

 

 

<その他>

 

「再び」及び「2回目」 に関する日本語のフレーズを他にひとつ紹介しておく.

 

「二度あることは三度ある」(ことわざ)

この場合の読みは ふたたび/みたび ではなく にど/さんど である. はっきりとした理由は知らないが, 本来は前者で読むところを, あえて後者にすることで「にどあることは・さんどある」と七五調にする目的があると思われる. ことわざは, もともと口伝で継承される言い回しであるので 語のリズムがかなり重要視される. 日本語が七五調を好むことは俳句短歌を例に出さずとも 言うまでもない. 

 

 

【答えに基づく余談】

againという意味の「再び」については, 英語の接頭辞の話が興味深い.

例えばreconfirm「再確認する」は文字通りconfirm「確認する」に「再び」を意味する接頭辞re- がついたものである.

この用法は他に, reborn「生き返る」(re- +born), reproduction「再生産」(re- +production), record「記録する」(re- +cor「心」: 再び心に宿せるように)などが挙げられる.

しかし接頭辞re- の用法は「再び」だけにはとどまらない. 以下に接頭辞re-の主な意味と具体例を列記する.

 

*後方のre-

reject「拒絶する」(re- +ject「投げる」:後ろへ投げる)

revolution「革命」(re- +volution「回転」:かき回しひっくり返す)

*強意のre-

resolve「決心する」(re- +solve「解決する」)

*反対に のre-

react「反応する」(re- +act「作用する」)

reverse「反対に」(re- +verse「向きを変える」)

 

英語の単語を覚えるにあたって語源から理解するという手段は有効であり, 語源というか語の分解を追記した受験用単語帳というのも多く存在する.

しかし接頭語及び接頭辞は山ほどあり, そのひとつひとつが多義的である以上, 全ての語源を網羅するのは不可能で, 丸覚えしたほうが早い場合もある.

頻出の接頭辞くらいは覚えておいたらアドいかもしれない.

re- の他にはco-(共に), pro-(前の),  pseudo-(偽の), 接尾辞で言えば -ology(-学の)などなど.

大学では英語をやらなかったというか カリキュラム自体は存在しても 高校の頃ほど詰め込んだり真面目にやったりしなかったので, あっという間に忘れてしまった.

 

 

【おわりに】

 

日本語にとどまらず, 言語というものは考え出すとキリがない. 

だからこそ面白いとも言える.

僕は中高とさんざんやった英語も受験期をすぎればもう忘れてしまい, それどころか日本語も怪しい身であるが, 多言語スピーカー(スゴリンガル)や 言語学研究者の方々の努力及び好奇心は尊敬に値するものである.

いつかふたたび, 気になった日本語があれば記事を書いてみたいものである.

——— この場合の「ふたたび」はagain「再び」と考えてよいが, とくに三回目以降の記事の存在を強調し暗示したいのであれば twice「二度」を使ってもいいかもしれない.

 

こんな感じで正直そんなに区別しなくていいやろ, というのが本音である.

 

書いて思ったけどあんまり面白くないしけっこうどうでもいいし, 何のためにこの記事書いたんだか. さながらシェフのきまぐれブログである. Twitterの字数制限が10,000字になり実質のリミットが撤廃されるとこういう記事も1ツイートに収納されてしまうのだろうか?

Twitter140字制限撤廃の件については 少し前にタイムライン上でさんざん議論されたのでここでは改めて述べはしないが, ひとつ言えるのは, 俳句や短歌に見られるように 字数の限られた短文で紡ぐからこそTwitterなのであり, だからこそ言語別ツイート量ランキングで 圧倒的母数を誇る英語に次いで日本語が2位となるまで, Twitterが日本文化に浸透したのであろう, ということである.

 

論が逸れかけたので, 今回はここまでとする.

 

 

【参考資料】

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/193128/meaning/m0u/

http://gogengo.me/roots/44

http://www.kanji-jiten.com/kanji/kanji-507.html

http://okjiten.jp/kanji835.html

http://www13.atpages.jp/shimapucchi/page159.html

新年

あけましておめでとうございます. 

 

月日が流れていくのは実に早いものです. 日頃の睡眠不足を解消すべく延々と寝ていたら1月も3日になっていました. このままではそろそろ干物になりそうで これはマズイ, と布団から這い出し机につき, 勉強するかと思いきやPCを開いてこの記事を書いている次第です. 私事ですが忌まわしきことに, 4日から2016年の大学がスタートしてしまうのでそろそろオン・モードに体を整えておかなくてはいけませんね.

さて私事はこのくらいにして. この時期には Facebookにも旧年のまとめ記事や新年の抱負記事がちらほら流れ, 一方のTwitterでは新年に合わせたネタツイやら正月特番のピックアップが絶え間なく流れ, ヒマになりがちな年始に飽きがこなくてよいものです. 実家に帰省し食っちゃ寝の正月を決め込んだり, 意気揚々と初詣や初売りに精を出したり, と人それぞれ様々な過ごし方があることでしょう. 

 

元日の 朝はまばらに夜が明ける

 

これは江戸時代の川柳です.

 

(*註1・元旦というのは1月1日の「朝」のことを示すそうで、1月1日それ自体を表したいときは「元日」が適切, だそうです. マメ知識でした.)

 

ついこの間2015は素数じゃないからダメ, などと言っていたような気がするのに、もう2016年になっていました. 2016も去年と同様 素数ではありません. まあ偶数なんだから素数じゃないぞと言われても それはそうですね. 

 

(*註2・次に素数になるのは2017年です. そうです, 来年は素数年です. Twitter素数愛好家たちが来年の年明けを今から心待ちにしていることでしょう. 僕も楽しみです. )

 

導入からしていかにもな匂いがしますが, 今回の記事は「2016」という数字自体にスポットを当てるところから始めようと思います. 一応理系とはいえ 高校数学どころか算数程度のあやふやな知識しか持ち合わせていませんが, それでも数字の興味深さや奥深さに迫れれば幸いです. あいかわらず文が大げさ.

 

さて本題に入りましょう.

 

「2016は素数ではない」と言われれば, じゃあ素因数は何だと計算したくなるのが常といえましょう.

僕がiPhoneに入れているアプリのひとつに, 素因数分解のアプリがあります. ただでさえ大量の写真やAppでストレージがギリギリのiPhoneに何だって素因数分解のアプリなんか入れているのか?答えは簡単, 素因数分解がしたいからです.

このアプリにより2016を素因数分解すると2^5・3^2・7となります.(4桁の数くらい自力で素因数分解しろよと怒られそうですが)約数の個数は36個, これらをすべて合計した総和は6552になります. 約数の個数とその総和はどうやって求めるのか?これは高校入試などでよくありがちな問ですから今更ここで説明するようなものではないでしょう. 要は個数も総和も 素因数分解を使えばいい話です. 素因数分解というのはすべての基本, 数字に対し促進的に分泌される消化酵素のような便利で美しい方法だということでしょう.

 

2016は素数ではないとはいえ(合成数であるとはいえ)焦点を当てるべきは36個という約数の個数です. 素数でないからとしょげてばかりはいられません. 約数が36個もあるのはなんと1980年以来36年ぶりだそうで. そして次に約数が36個になるのは2100年であり, この間に約数が36個以上になる年はありません.

これだけ約数が多いと佳いこともいっぱいありそうなものです. 

参考までに, 素因数分解と約数の個数・総和をいくつか掲載しておきます.

 

1980年 1980=2^2・3^2・5・11(約数36個 総和6552)

 

2014年 2014=2・19・53(約数8個 総和3240)

2015年 2015=5・13・31(約数8個 総和2668)

2016年 2016=2^5・3^2・7(約数36個 総和6552)

2017年 2017 is Prime!(約数2個 総和2018)

2018年 2018=2・1009(約数4個 総和3030)

 

2100年 2100=2^2・3・5^2・7(約数36個 総和6994)

 

こう見ると2016年はまわりから浮いてやたら約数が多い年のようです. 当たり前ですが約数が多いと総和も大きくなりますね. ところで前回約数が36個だった1980年とは素因数も違うのに総和がどちらも6552となっています. これは何かの偶然なのでしょうか?あまり詳しいことはわかりませんが, 6552というのが縁起の良い数字に見えてきました. 暗証番号とかパスコードとか自転車のキーロックとか6552にしたら運が良くなるのではないでしょうか. 

 

(*註3・途中で出てきた合成数というのは「自然数で, 1とその数自身以外の約数を持つ数」と定義されます. たとえば最小の素数は2ですから, 最小の合成数はその2を2乗した4です. 素数が無限個ある——これは数学的帰納法で証明されたような気がします——のと同様, 合成数も無限に存在します. 定義を見るとなんとなく「合成数とは素数でない自然数である」ような気もしますが, 自然数のうち1だけは合成数とは呼べません. 自然数素数合成数, そして1から構成されているのです. なんだか1が特別な気も, かわいそうな気もします. 世界を構成するグループふたつに挟まれ, どちらからも除外されてしまった1の気持ちはいかんとも推測しがたいものがあります. 数字に気持ちがあるのかどうかは別として.)

 

(*註4・こういった数のグルーピングは色々あり, わかりやすいので言えばそれこそ有理数無理数, 実数と虚数, 非負整数(「非負整数」というワードはなぜか数学オリンピックの問題にありがちです. )等の大きな分類, 完全数友愛数のように, 数字の持つ特徴をまとめた分類も存在します. こういった数の不思議な集団について「博士の愛した数式」という有名な小説があります. もう有名すぎてここでとりあげることではないかもしれませんね. )

 

一時期ツイッターランドでも「10をつくる」遊びが流行ったのは記憶に新しいでしょう. この10作りゲーム自体はもっと昔からありましたが, 診断メーカーを利用してランダム生成された4桁の数字群をいじって10を作り, Twitterに連携し, 斬新な作り方を披露したりついでに意見交換などしたりというのが新しく, 一時期は本当に爆発的な人気を博しタイムラインが数字で埋まったりもしました. iOSアプリもできているそうです(何もアプリでやらなくても). この流行を引っ張りだして2016で10を作ってみたくなるというものではないでしょうか?

 

2,0,1,6というのもなかなかクセのある組み合わせで, 全て足しても9, 2,1,6をかけても12,  2×6-1+0=11と, ニアミスの数字しかパッとは作れなさそうです.

10作りゲームのキモはおそらく0と1の使い方でしょう. 0と1をうまく使って計算結果をステイさせたり数字を除去したりするのが定石というものでしょう(いや知らんけど).

しかし僕の貧弱な脳ではこれから10を作るのはなかなか手強いことです.

ツイッターランドは広いもので, 診断メーカーにどれだけ無理難題の数字を出されても解いてしまう猛者がいるものです. その猛者たちが使うちょっとズルいような(この場合の「ズルい」とは「四則演算記号以外を用いる」という意味です)手を使ってみましょう.

 

具体的に言えば余弦です.

 

2×6-1-cos0=10

 

 

cosを使うというのはまあ言ってみれば「0から1を生み出す」という, 所謂錬金術のような禁じ手です. 無から有を生み出すという等価交換の原則を無視した禁忌を犯せば 片足と弟の体くらいは持って行かれそうなニオイもします.

 

ちなみにcos0=1を用いた別解としては,

 

2+cos0+1+6=10

 

というのもありました. 2016が順番通りにならんでおり, 加法しか用いていないという面でこちらのほうが圧倒的に美しいですね.

どうせなのでcosを使わなくても10を作れる方法を募集します. こういうのは煮詰まっていても他の人がフッとやると案外あっさりできてしまうものです. 人生にも通ずるところがありますね. 

 

(*註5・まさにその通りで, この記事を公開してからまもなく, 余弦などという鼻につく手を使わないきれいな正答がコメント欄に叩き込まれていました. 補足として以下に記します.

2×(0-1+6)=10

言われてみればそりゃそうで, ぐだぐだ試行錯誤したのがアホらしいです. )

 

ついでに10作りゲームの歴史もちょっと気になってチラッと調べてみましたが,これが最初, というのは見つけきれませんでした. 発祥かどうかは定かではないですが, 10作りゲームは正式?には「切符ゲーム」というそうです. 

 

なるほど確かに切符には(何かはよく知りませんが)4桁の数字が印字されています. 昔の人は列車の旅の暇つぶしにこの4つの数字で10を作って遊んでいたのかもしれません. なんだかいい話ですね. 切符がほぼほぼIC化され, ピッのワンタッチで改札を通ってしまう現代では 切符の4桁の数字で10を作って暇を潰すような光景はなかなか見られないでしょうね.

http://www.e-kyozai.jp/cgi-bin/ticket/ticket.cgi

ここから切符ゲーム——本来の10作りゲームが遊べます.

 

さらにさらに話が逸れますが, このサイトはおおもとを「すぐる学習会」というHPに置いています. すぐる学習会というのは四谷大塚提携の塾のHPで, 申し込みフォームや講義カレンダーの他に, 小中学生向けのインターネット教材置き場のようなものも兼ねています. 算数の解き方マップや理科の暗記事項集など, 中学受験でなんだか見覚えのある教材ばかりが並んでいます. しかしそれだけではなく, すぐる学習会HPには 小中学生が楽しめる, 脳に良さそうな「学習ゲーム」が並んでいるのです. 切符ゲームはその中の一つであり, 他にはマルバツゲームとかいうFlashプラグインテストで学生が作ってそうなシロモノから, おなじみのヌメロン, 懐かしの100マス計算(絶対手でやったほうがマシ), かるた部垂涎の百人一首カルタ, 歴史年号クイズから都道府県ジグソー, 絶対音感ゲームとかいう、中学受験ワールドに別に影響しなさそうなよくわからんものなど, 案外多種多様なアプリが詰まっています. 

 

なぜこんなにすぐる学習会に詳しいかというと, 恥ずかしながら私も小学生のころすぐる学習会の思うつぼのように学習ゲームにハマったことがあるからです. とはいえ意識の高い小学生のように算数や歴史やらをせっせと学んでいたわけではなく, 何故かあえての「星座四択クイズ」にドハマりしていました.

 

 

f:id:sk_dv:20160103003358p:plain

 

思い出すのも若干恥ずかしい いわゆる若気の至りなのですが, すぐる学習会の学習ゲームにはソーシャルゲームらしく「ランキング」が存在します. タイピングゲームとかでよくありますね. 学習ゲームのスコアは最後にランキングに登録できるわけです.

 

(*註6・世の中にはいろいろな人がいるわけで, この「学習ゲーム」というクソマニアックな世界でも もちろん物凄いスコアを叩き出す人々がいます. たとえばヌメロンでは0.00秒クリアの人が必ずランキング1位になっており, 幼心に「さすがに0秒はありえん, あらかじめ何か4桁の数字をクリップボードにコピーしておいて, ゲームと同時にペーストし, それがたまたま正答と合致するまでニューゲームをしているんだろう, いわゆる数打ちゃ当たる方式だな, ちゃんと脳を使わんかい」とキタナイ大人たちを呪っていたものです. )

 

このランキングというのは人間の心の底にある闘争心にうまいこと火を付けるモノで, 小さかった僕もこのランキングのどれかで上位に入りたいと思ったもので, そこで自分にちょうどよかったものが「星座四択クイズ」だったのです.

星座四択クイズとはその名の通り, 星座の写真が表示され, その星座の名前を4択から8秒以内に選択, お手つき3回でアウト, という至極簡単なルールのゲームです. ルールは簡単とはいえ, 普通の人は星座なんてまあせいぜいオリオン座とはくちょう座, こと座, カシオペヤ座, 頑張っておおぐまこぐまなどの大三角形シリーズと あとはアルタイルを冠するわし座くらいしか知らないでしょう. しかしこの星座四択クイズでは, ろ座だのほ座だのちょうこくぐ座だのろくぶんぎ座だのけんびきょう座だのから ケフェウス座だのレチクル座だのエリダヌス座だのに至るまで ありとあらゆる星座が容赦なく出題されます. そんな 天文部ですら全員はわからないであろうマニアックな星座の名称を写真だけから当てようなど なかなかレベルの高いクイズではないでしょうか?

しかしこのクソクイズにハマった理由がちゃんとあります. 星座は全天で88個しか存在しません. 逆に言えばどんなマニアックな星座だろうが, どれだけいろんなクイズが出されようが, 問題パターンは最大で88しかないのです. 88個全ての写真を暗記してしまえば, 無限に(時間と気力体力の続く限り)正答をたたき出せるチートクイズ——これが「星座四択クイズ」なのです.

 

このことに気付いた幼い私は「88タイプの写真を全て覚えればランキング1位も夢じゃない」と意気込み, クイズの試行回数を重ねることで少しずつ星座の写真を覚えてゆきました. 幼少期の脳の柔軟さと探究心及びやる気、そしてヒマさはなかなかあなどれないもので, 3週間もすればかなりの正答率をマークするようになりました.
ここまでくればあとは体力と正確性の根気勝負, 言い方を変えれば消化試合というか作業ゲーです. ときどき間違えて悪態をつきながらも100問を超え, 200問を超え, 300問を超え, おそらく最も高かったスコアは 連続正解にして900問以上だったと記憶しています. ここまでくると何というかもう修羅のようなものです. 周りからすれば何時間も, 次から次へと出てくる星座の写真をさばき続けて さぞ頭のおかしい子供だったことでしょう. しかし当時の私は本気でした. もちろんランキングで1位を獲得したこともあります. よくわからない達成感と 分泌されるドーパミンに脳をやられていたのかもしれません. 500問を目前に3回目のお手つきをしたときのくやしさも覚えています. 今思うとくだらないというか何というか...
そうして得た星座の知識は結局, まあこの「星座四択クイズ」で出題される写真においてしか発揮できない限定的なものであり, 別にキャンプに行って「あれがみなみのかんむり座だよ」などと自慢することもありませんでした(そもそも日本で観測できる星座は限られている). いつしかすぐる学習会HPにもアクセスすることはなくなり, あんなに熱中して魂をかけていた星座の名称は, まさしく星のまたたきのように消えていったのです.
ちなみに今この記事を書きながら星座四択クイズをやっても, 20問ちょいしかできませんでした. そんなものです.
 
さて, あれから10年以上経った今, 星座4択クイズの通算ランキングはどうなっているかな, あのころの自分がまだいるかな, と若干の甘酸っぱい期待を抱きつつ「通算ランキング」をクリックした結果が以下の通りです.
 

f:id:sk_dv:20160103003419p:plain

 
時代の波に呑まれて風化していった切ないインターネットの墓標がそこにはありました. ちょっと泣きそうになりましたが, とても懐かしくなり, 在りし日の少年時代をかすかに思い出すことができてよかったです.
 
どなたか気力に自信のある方は, 全天の星座をくまなく暗記してこのランキングを埋めてみてはいかがでしょうか. 誰もいない今なら大した苦労を注がずとも上位に食い込める大チャンスです. 孤独な電子の砂漠の片隅で小さな承認欲求が満たされると思います. 人には言えないし, あまり役にも立ちませんが.
 
 
 

今回はいつになく脈絡の無い記事でしたが, 書きたいことを無秩序に羅列したのでしょうがないかもしれません.  後半など2016ではなくただのすぐる学習会と星座にまつわる幼き日の思い出になってしまいましたが, 読んでいただけたのであれば幸いです. 

 

 

 

みなさまの2016年がよい1年になりますよう.